FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

ドッグフードに反省

毎日、仕事から帰って来ての一番の仕事が猟犬の世話。

「仕事」が2つも続いて仕事続きですが、やはり大変なのです。
DSC00973.jpg

しかし、その考え方に根本的な間違いがあった事に気が付いた私。

大切なパートナーの食事の用意や、身の回りの世話が「仕事」と言っているようでは、犬飼育者として失格。

それは先日、先輩勢子Tさんの世話の様子を見ていて痛感しました。

またもやチビちゃんたちを、いじくりたくなってしまい、夕方にお邪魔をしたところ・・・
06013.jpg

ちょうどエサの準備をしているところでした。

その配合を伺ってみると、こんな感じ。

炊いた割れ米をベースとして、魚粉クズをまぶし、そこに獲物肉と野菜クズを煮込んだスープを混ぜ込んで完成。
06010.jpg

市販ドッグフードは混ぜていませんでした。

猟犬たちは本当に幸せそうにパクパクと。

それぞれのコストを伺うと・・・

有料なのは一俵1,000円の割れ米のみ。

魚粉クズ(フリーズドライまぐろの破砕品)は頂き物、獲物肉と野菜クズは自前のタダ。

知り合いの伝手をフル活用して食材を揃えていました。

Tさんの猟犬たちは糞の状態も良好。

その量はとても少なく、市販ドッグフードをメインに与える我が家とは大違い。

きっと消化も良いのでしょう。

そして、どの犬も実猟での持久力は抜群。

犬種や猟芸は違えど、我が家の犬たちよりも明らかにタフ。

やはり「食」は大切なのだと思い、反省をしたわけです。

我が家では、市販ドッグフードに茹でた獲物肉と微塵切りにした野菜を乗せて、水を少々加えて出来上がり。
02474-2.jpg

このエサの配合にしてからは、どうも持久力が下がってきた感じ。

「なんでだろう」と考えていた矢先に、Tさんの獲物肉と野菜を煮込んだ寸胴鍋を見て「しまった!」と。

私は大切なことを忘れていました。

茹で肉の「茹で汁」にこそ答えがあったのではないかと。

オオカミなどは獲物の生肉、つまり血液からの塩分摂取を主としています。

茹で汁には、その塩分が多量に含まれていたものと思われます。

茹で肉を配合した分、市販ドッグフードを減らしていたため、本来の塩分摂取量が足りなかったのではないかと。

以前は、その配合に即席麺クズと煮干しを少量加えていました。

その時の猟犬たちは恐ろしいほどにタフだったのを思い出します。

図らずも、塩分摂取量が足りていたのでしょう。

だからと言って、犬に多量の塩分を摂取させることは禁物。

内臓疾患等を引き起こしかねません。

ならば答えは簡単。

算数です。

生理食塩水の濃度は0.9%ですので、それを目安に計算した配合で良いはず。

即席めんや、煮干しの一般的な塩分量は簡単に調べられる時代。

それを基に全体の塩分量の計算して、調整すれば良いのではないかと。

私も暑い日の有害鳥獣捕獲時の勢子では、時々足が動かなくなったり、攣りそうになったりします。
DSC08404.jpg

そんな時は、ポカリスエットかOS1を飲むことに。

これは効果テキメン。

先輩勢子の中には、猟の前日には「カツオの塩辛を食べる」なんて人もいます。

あの塩っ辛い「酒盗」なんてヤツです。

猟犬たちのエサの塩分摂取量も、もっと丁寧に考えるべきだったのでしょう。

しかし、これはあくまでも自論。

確証は無く・・・「だろう」レベル。

ただ一つ言えることは、獲物肉と野菜のスープは絶対に良いはず。

これと市販ドッグフードに、出来れば炊いた割れ米も配合したい。

信頼できる勢子先輩ほど、猟犬のエサには気を遣われています。

私も、もっと勉強をしなくては。

今後は猟犬たちのエサのために設備を整えようと考えています。

何とか理想の配合を探り当てたいものです。




いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

我が家のワンコも・・・・・・・
肌を執拗に舐めるのでおかしいなと。
病院で健康診断したらなんとナトリウム値が低すぎでした。
道理で塩分欲しがる訳だ。

Dalgon's | URL | 2021-03-02 (Tue) 08:21 [編集 ]


おはようございます。

最近は「塩分は悪」みたいな風潮がありますが、やっぱり適度に摂らないといけないですよね~。

とはいえ問題は適切な量ですけどね。判断が難しいです。

ワンコたちにも塩はやっぱり重要なのですね。勉強になります。(`・ω・´)ゞ

ひまわり | URL | 2021-03-02 (Tue) 09:03 [編集 ]


ワンコの手作りごはんは難しいですよね。
ドッグフードに頼らずにすべて用意するには、犬に必要な栄養とその量などしっかり勉強しないと、逆に犬の体にとって良くない影響を及ぼしてしまうことも・・・。
我が家は完全にドッグフードに頼りきりです(^^;)

人間もそうですが、犬の場合も「塩分摂りすぎ」の方に注意がいってしまいますが、確かに塩は重要な栄養素ですもんね。
適正量の摂取が大事ですね。

ゆりん | URL | 2021-03-02 (Tue) 09:28 [編集 ]


Dalgon'sさん

実際に生理食塩水の0.9%は意外と塩っ辛いですからね。
とくに猟犬の運動量はどの犬よりも多いと考えられるため、ナトリウム摂取は重要なんでしょうね。
その適量が分かれば苦労は無いのですが。
私も夏場などに汗をかいたまま犬舎に入ると、腕や足を執拗に舐められます。
そんなサインを見逃さないようにしないといけませんね。

あっきょ | URL | 2021-03-02 (Tue) 17:04 [編集 ]


ひまわりさん

私や、ひまわりさんにとっては「塩分は悪」なんでしょうね。<(_ _)>
昔の猟師はやたらと塩辛いものを猟犬に与えていたようです。
御飯に残った味噌汁を掛けたり、漬物の残りを混ぜたりと。
でも運動量の多い猟犬ならば全然平気。
ところが出番の少ない猟犬に人の食事の残り物を多く与え続け、腎不全を患った犬もよく耳にします。
言われるとおり、適量の判断が難しいですね。
私たちは完全に塩分の摂り過ぎですけどね。。。<(_ _)>

あっきょ | URL | 2021-03-02 (Tue) 18:53 [編集 ]


ゆりんさん

どの獣医さんに聞いても、漏れなく「市販のドッグフードが一番良い」と言われますもんね。
その辺は獣医のタマゴのゆりんさんなら専門分野でもありますから、尚更ですよね。
もしも宜しかったら、大学の研究室で猟犬の塩分摂取量について研究して頂けないでしょうか。。。
我が家に「マルコ」という良い検体がいますので、実験に使って下さい。。。
ほぼほぼペット犬ですが。(-_-;)
春から始まる有害鳥獣捕獲の時、塩分摂取量と猟犬たちの動きや疲労度に、どんな違いが表れるかを観察してみようと思います。

あっきょ | URL | 2021-03-02 (Tue) 19:03 [編集 ]


 ドッグフードの塩分は難しい問題ですね。犬猫も濃い味に慣れちゃうと、問題ありますし。含有タンパク質も何でかさ上げしてるの?ってのも。
 内臓面でいうと在来種やそれ由来の雑種犬は、ヨーロッパ由来の犬種に比べて腸が長く、日本的な食事の方があってたりする、というのも昔習ったような・・・。
 人間の場合、ロードバイク愛好家の間では、梅丹本舗さんのミネラルタブレット『2run』。これはむちゃくちゃ効きます。

まっちゃん | URL | 2021-03-02 (Tue) 19:21 [編集 ]


まっちゃんさん

ありがとうございます!
早速ポチらせて頂きました!
限界を超えた時の脚攣りに悩んでいました。
とくに暑い時季の捕獲業務では、尾根で時々「ウオ~ッ!」なんてやってましたから。
あと、犬種に胃腸の強さも言われるとおりの違いを感じます。
和犬はタフな傾向にあると。
やはり猟犬のエサは難しいと実感しています。
人で言うとアスリートみたいなものですから。
タブレットを飲ませてみようかな。。。(笑)

あっきょ | URL | 2021-03-03 (Wed) 17:37 [編集 ]