FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

椎茸と猪犬コーシン

椎茸は「コウシン」と「ドンコ」しか知らなかった私。

それぞれが平たいか、ずんぐりむっくりか程度の知識しかありませんでした。

したがいまして、猟場のホダ木捨て場で採ってきた椎茸も「なんだろう、コウシンかな?」と適当な判断。
05786.jpg

そんなコウシンは、私の中ではコーシン。

そう、我が家のコーシン。

同じ響きで心地良いのです。

私にとって先導犬のコーシンは掛け替えのない存在。
01573.jpg

少し紛らわしい言い回しでしたが、盲導犬ではなく、先導犬です。

先導犬とは猪犬において、見習い犬の先生役のようなもの。

盲導犬は誰もが知っている、目の不自由な方をサポートしてくれるパートナー。

漢字が一字違うだけでも、その役割は随分と異なるのです。

もしもコーシンが盲導犬だったら、どうなんだろう。

進むがままに任せると・・・

段差や曲がり角でも、ノンストップのお構いナシで進み続け・・・

そのまま最寄りの山中へと誘われてしまうでしょう。

挙句の果てに山中に置き去りにされて、遭難の憂き目にあうことは必至。

コーシンは盲導犬には向いていないようにも思います。。。



さて、そんなコーシンと響きが被ってしまう椎茸のコウシン。

網焼きで食べようと、ネットで調べてたところ・・・

なんと、この椎茸はコウシンではありませんでした。

ドンコの中でも高級品の花ドンコみたい。

どおりで先日食べた「猪肉入り椎茸鍋」が旨かったはず。
05836.jpg

残り汁で雑炊を頂きましたが、椎茸の濃厚な出汁で、抜群の味わいでしたから。

そんな花ドンコを今宵は「づくし」で頂きました。
05849.jpg

味噌マヨネーズ焼き、醤油焼き、チーズ醤油焼き、そして椎茸味噌汁も。
05850.jpg
(醬油焼き以外は、予めオーブントースターで焼き目を付けています)

どれも本当に美味しかったです。

てっきりコウシンと思っていましたが、実際には花ドンコ。

猟場には、まだまだお宝が眠っていそう。

狩猟のおかげで様々な経験が出来ていることに、いつも感謝です。

そんな山中で明日も愛犬たちと楽しみたい思います。

今日も、ごちそうさまでした。



いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

天気が良くなってきたら花ドンコになりますね、
こちらは雨、雪が多いので普通の椎茸が多いです。
さらに我が家のはなぜか小さいっ!(≧∀≦)
やっとばあちゃんも干し椎茸が確保できたのか、
焼き椎茸が食べられましたよ♪
なんか順番が違うと思うんだけどね、
やっぱうまいねぇ。(^ω^)

坪ちゃん | URL | 2021-02-19 (Fri) 20:55 [編集 ]


シイタケ

私の散歩道にシイタケの菌床捨場が有ります。雨上がりなどにはシイタケが生えて来るので道の近くのは有り難く頂いて帰ります。種類は恐らくドンコか肉丸。コウシンと言う品種が有るとは知りませんでしたが

デビラ | URL | 2021-02-19 (Fri) 21:04 [編集 ]


坪ちゃんさん

言われるとおり、様々な生育条件が揃わないと花ドンコにならないようですね。
今回のことで少し勉強になりました。
何しろ味や香りが濃厚で旨すぎ!
なんだかんだ言って「ひっくり返さずに焼いて、醤油を少々」の食べ方が一番旨かったです。
また明日もホダ木捨て場に行ってみようかな♪
次は私も干し椎茸を作りますね。
順番どおりにヽ(^o^)丿

あっきょ | URL | 2021-02-20 (Sat) 14:54 [編集 ]


デビラさん

そうそう、こちらの猟場にも菌床捨て場があります。
同じように椎茸が生えてきています。
でも、シカはそれが大好きみたい。
食べに通っています。
ところがその通い道に罠師が括り罠を仕掛けてバッチリと捕獲。
シカも逞しいけど、罠師も逞しい。
どちらも大したものです。
因みにコウシンは一般的な干し椎茸などに加工している種類みたいですね。
私は傘が開いているのをコウシンだと思っていましたが、違うみたい。
今回のことで色々と勉強になりました。

あっきょ | URL | 2021-02-20 (Sat) 15:05 [編集 ]