FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

猟芸の分水嶺

今日は訓練中の2頭のみで猟場へと向かいました。

この兄弟犬の互いの動きと、そこに共猟意識があるのかどうかを確認するためです。
05807.jpg

結果から言いますと、このままでは共猟は意味が無いとの判断に至りました。

散歩程度の山訓練では分からなかった2頭の明確な猟芸の違い。

タメ息半分、喜び半分、その中に次なる構想も見えてきたのですが。

それにしても同胎にして、このミカサとマルコの違いはいったい何なのか。

ミカサは母犬コーシン似の強烈な鳴きと、しつこさが身上。
05812.jpg

時にその「しつこさ」は使い勝手の悪さにも繋がり兼ねませんが。

一方のマルコはどちらかと言うと・・・いや父犬トラにも似ていない。
05811.jpg

鳴きはシッカリとあり、捜索も悪くない。

しかし、その範囲が狭く、諦めも早い。

かと言って猟欲が弱いわけではないのです。

良く言えば使いやすいのですが・・・

私から離れることを嫌がる傾向にあるのは、どうしたものか。

心がまだ子犬のままなのでしょう。

トラを先導犬とした時とは全然違います。

それだけトラがマルコを見守ってくれていたのですが。

完全に成犬然としているミカサとは、まるで対照的なマルコ。
05819.jpg

「3年経って芽が出なければ諦めろ」とは先輩方のアドバイスですが・・・

私もそう思います。

マルコは長い目で見てあげるべきなのかもしれません・・・今日はお疲れさん。
05830.jpg

技術の高い猟師ならば、今のマルコでも一銃一狗でイノシシは獲れるでしょう。

ところが、大勢で巻き狩りを行う捕獲業務では完全に役不足。

しかし、そこは無理をせず、マルコの特性を生かしてあげる方向で見守るしか無いようです。

その点では猟芸は違えど、ミカサは上々の仕上がり。
05828.jpg

今日はシカを川に追い落とし、その後、仕切り直しをしてからイノシシも追い詰めていました。

持久力を試すために広大な猟場を選びましたが・・・
05820.jpg

私が試されてしまいました。。。

やはり山でのGPS上の400mはキツイのです。

イノシシの鳴き止め現場に私があと一歩のところで追い付けませんでした。

昨日のカノとトラの時と同じ。

これでは猪犬たちもガッカリでしょう。

自分が情けない。

私がイノシシを仕留めていれば、ミカサは完全に猪犬スイッチが入っていたはず。

犬はそれほどに経験したことを記憶しています。

本当に頭が良いのです。
05821.jpg

何れにしても今日はミカサとマルコのおかげで貴重な経験をさせてもらいました。

今後は和犬カノとマルコとのパックも含めて、猟芸の変化を確認してみます。

猪犬は分からない事ばかりですが、共猟していて面白くて楽しくて仕方がありません。

今日も犬たちに感謝なのです。




いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

猟芸

犬1頭ずつ芸が違うので使い方を犬に合わせるのが大変なんでしょうね。
個性のあり過ぎるワンコの進化の為に
スーパーサイヤ人になるしかないのかな?
犬は咬む度に良くなりますね。

デビラ | URL | 2021-02-14 (Sun) 22:51 [編集 ]


おはようございます。

マルコはのんびり屋で全体的に成長が遅いけど、頭がいいですからね。

大器晩成型?かな~と勝手に思ってます。

人間座り以来、私はマルコファンですしね。( *´艸`)

ひまわり | URL | 2021-02-15 (Mon) 09:30 [編集 ]


いいワンコさんじゃないですか( ゚ω゚ )

後は貴方の体力の問題ですな(・∀・)

まずはワシのブログ見て腹筋をバキバキに
しなはれ(・∀・)

rossi | URL | 2021-02-15 (Mon) 17:50 [編集 ]


デビラさん

犬の適材適所とでも言いましょうか。
私は人事課兼、教育担当兼、上司みたいなモノなのでしょうね。
時には同僚みたいな感じでもありますが。

確かに犬は咬ませると猟欲は増しますよね。
その塩梅は大切ですが。
猟欲の強い犬には加減が大切です。
ある程度セーブしないと、我が家のコーシンのようにハイエナ化してしまいます。
以前、ドラム缶イノシシのお腹に顔を突っ込んでいました。。。
「おい、オマエは犬にエサをあげてるのか!」なんて先輩に叱られましたし。。。

あっきょ | URL | 2021-02-15 (Mon) 20:25 [編集 ]


ひまわりさん

そうなんですね、一番小さく産まれましたし、成長も遅かったです。
でも今はその足の長さも手伝って、立ち上がると我が家では一番ののっぽさん。
確かに猟犬としては、これからでしょうね。
イノシシやシカを追う程度なら今でも問題無いのですが。
おそらくは2年目くらいから良い犬になると思います。
そうそう、今でも階段に座るんですよ。
笑っちゃいますね♪

あっきょ | URL | 2021-02-15 (Mon) 20:35 [編集 ]


rossiさん

本当はですね、ミカサは巻き狩りに適した犬なんですね。
今回のような単独猟に使役するような犬ではないのです。
でも春から始まる有害鳥獣捕獲に備えなくては・・・
と、訓練最中なのです。
私もあと20才若ければ追い付けるのですが。
今の私はバキバキからポヨポヨ。
人間も体も丸くなりました。。。(´;ω;`)ウゥゥ

あっきょ | URL | 2021-02-15 (Mon) 20:44 [編集 ]


猟犬

確かに同胎でもそれぞれ猟芸は異なりますね。
モリとカヤも、親方(若き勢子)のお宅に行った二頭もそうです。

最近はモリとカヤの二頭引きにしています。
確かにしっかりとコンタクトが取れて、「なぜもっと早くこうしなかったんだろう」と感じます。

じゃん | URL | 2021-02-17 (Wed) 00:27 [編集 ]


じゃんさん

猟犬のパックを誤ると、ろくなことが無いですよね。
猟犬の精神的にもダメージを与えてしまうことがありますし。
相性や猟芸をシッカリと見極めることが一番大切だと感じています。
全ては、そこなんでしょうね。
そんな流れで犬たちが上手く連携している時は嬉しくてたまりませんね。

あっきょ | URL | 2021-02-17 (Wed) 22:05 [編集 ]