FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

待った、罠師さん

こちらの猟場でも多くの罠師たちが、ひしめき合っています。

そして罠師同士で、いがみ合ったりも。

大きな山から小さな山への渡り(移動する通り道)に、互いに括り罠を掛け合っているのです。

そのような場所では、初めのうちは獲物が獲れます。

しかし、そのうちに小さな山へと獲物が移動しなくなり、年が明ける頃には獲れなくなるのです。
05062.jpg

「アイツがあんな所に罠を掛けるから、獲物が(小さな山)入って来なくなる」と、お互いに非難し合っているのだから困ったもの。

私は「話し合って、そこに仕掛けないようにすればイイだけじゃないの?」と、たしなめるもアレやコレやと。

オレが罠を掛けなければ、他のヤツが罠を掛けてしまう。

オレが獲らなければ、他のヤツに獲られてしまう。

まるで「この山の獲物はオレの物だ」と言わんばかり。

なんで皆でシェアし合わないんだろう。

ガメツイにも程がある。

しかしそんな彼らも、年が明けて獲物が獲れなくなるにしたがい、次第に括り罠を引き上げ出します。

「おい、もう罠を引き上げるからな」と、私に言ってくる罠師たちもチラホラ。

「犬を掛けても大丈夫だぞ」とでも言うのかな。

普段はコソコソやってるのに、何を今さらとも思いますが。

そんな罠師たちに私はこう言います。

「いや、まだ罠を引き上げなくてもいいよ。デカい山で犬を掛ければ罠でも獲れるでしょ」と。

「おぉ、そうだな獲れるよな」と罠師たち。

「その代わり、ストッパーは頼んだよ」と私は必ず付け加えますが。

先週も3人の罠師に、そんな話をしました。

本当にルールを守った上で獲る気なら、私に連絡をしてくるでしょう。

実際に猟犬を掛けると、括り罠に獲物が掛かるのです。

もちろんそれは、山にもよりますが。

山の高い所に移動している生息密度の高い獲物たちが一気に動き出すわけですから。

そのイノシシやシカを減らさないと、いつまで経っても正常な生態系バランスが戻って来ないのです。

初夏や残暑の厳しい秋も、捕獲業務を行わなければならない現状は、もう懲り懲り。

環境省の考えていることは本末転倒だとも言えます。

環境省担当者には、もっと現場に足を運び、罠猟と銃猟の双方の猟師から幅広く意見を聞き、今後の猟のあり方を考えて貰いたいものです。

そして罠師には、私のように猟犬を使った大物猟猟師を、もっと上手く利用することを考えて貰いたい。

そうでないと効率の良い捕獲は出来ません。

罠猟は獲物が移動してこそ成立するわけですから。

このままでは、さらに確実に山の生態系バランスは崩れてしまうでしょう。

罠猟と銃猟のバランスが崩れていますから。

猟犬を使役した大物猟の衰退は、山の荒廃に繋がると言っても過言ではないと考えています。

さて、今週はどうしたものか。

電話は、まだ掛かって来ません。



いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

くくり罠、何度か仕掛けましたが、9cm。
何度も弾かれっぱなしです。が、犬持ち、
仕方ないかと。
だが、酷い人はストッパーがあってもカシメてないとか。そんな罠師の居ない山しかワンコを出せなくなってきましたね。

坪ちゃん | URL | 2021-01-15 (Fri) 21:01 [編集 ]


坪ちゃんさん

実際にはスッポ抜けはストッパーの問題ではないんですね。
ポイントはもっと別の所にあるのです。
それにスッポ抜けるような小さな獲物は放っておけば良いかと。
安全のためのストッパーではありますが・・・
実は思わぬ副産物もあるのです。
それは以前にも書きましたが。
何しろ今はどちらの猟法も協力し合わないと、山はイノシシとシカだらけになるでしょう。
あぁ・・・坪ちゃんさん家の畑が心配!
メッシュ柵があるから大丈夫かな?

あっきょ | URL | 2021-01-15 (Fri) 22:29 [編集 ]