FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

百姓猟師を目指して

サラリーマンの私が定年退職後の新たなる仕事として考えている農業。

その準備期間としては、あと10年。

先月は農協に勤める猟仲間のW君に相談に乗ってもらいました。
04975.jpg

「ミカン農家」との考えに沿った資料を作成し、適切なプランを提案してくれたのです。
DSC03223.jpg

W君には本当に感謝です。

その中で、まずは耕作放棄地を取得する前に、農作業のノウハウを身に付ける必要があると。

W君が進めてくれた流れとしては、まずはミカン畑を貸借し、部農会員となり進めていく方法。

もちろん、それには私は大賛成。

農業経験の全くない私には、まずはそれしかありません。

その上で時期を見計らい、同地区の再生可能な耕作放棄地を取得するのが間違いないと。
耕作放棄地

つまり、経営基盤を固めてから耕作放棄地・園の再生に取り組んだ方が基礎的な栽培技術の習得も早くなり、効率的だとのことです。

問題は、出荷時期と猟期があまり重ならないような品種を考えておいた方がいいと。
00540.jpg

猟師W君ならではのアドバイスです。

すると、日南1号(9月)、由良(10月)、宮川(11月)と、なるそう。

そのあたりは、高接ぎ更新(接ぎ木)ないし改植の必要性が出て来るでしょう。

まぁ、それは先の話になりますが。

とりあえずは、その地区の農業委員と有力生産者にアポイントを取ってくれるとのこと。

出来れば今月中に挨拶に伺う予定です。

ただし品種によっては、先方が農繁期の可能性が大。

「ちょっと様子を伺っておきますよ」と、W君は生産者さんへの気遣いも忘れません。

W君は、私がお世話になっている猟友会会長が率いる猟隊に所属している最若手。
新人君

腕前の方も、1猟期目からバンバン猟果を上げていたようです。

やはり、腕がいい猟師は仕事も出来るのです。

それに引き換え私は・・・(´;ω;`)ウゥゥ

これからはW君について行こうと思います。。。



いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

着々と進んでますね!こちらはもう定年寸前です。
(≧∀≦)
農家をするにも、こちらは田んぼくらいしかありません。
農地組合員はとっくに離脱したし…
こちらは再取得はかなり難しいらしいです。さてどうしたものか?(^_^;)

坪ちゃん | URL | 2020-12-01 (Tue) 21:35 [編集 ]


坪ちゃんさん

農業者資格を取得するのはかなりハードルが高いですよね。
色々と裏技はあるようなのですが、農協的には推奨できないと。
当たり前ですね、決まり事ですから。
でも、高齢化によりミカン畑を貸借契約したい農家さんは少なからずいるようです。
まずはその辺りから。
そちらの方は確かに見渡す限り田んぼですよね。
お米なら尚更に厳しいのでしょうね。
一般野菜で日銭を稼ぐのもアリかもしれませんが、大変そう。
なんか良い方法はないですかね。

あっきょ | URL | 2020-12-01 (Tue) 22:49 [編集 ]


Wさんいい方ですね(・∀・)

rossi | URL | 2020-12-02 (Wed) 08:25 [編集 ]


rossiさん

親身になって考えてくれるところがありがたいですね。
まだ30代前半の彼ですが、今後のこの地域の狩猟界をけん引してくれる一人となることでしょう。
大した男です。

あっきょ | URL | 2020-12-02 (Wed) 19:37 [編集 ]