fc2ブログ
 

生きもの二人三脚

新たなる戦いに向けて

この猟期は耕作放棄地のことでバタバタしそうです。

今週は役場の農林農地課担当者さんとアポイントが取れたため、さらに詳しく教えて頂いて具体的に動き出そうかと。

また部農会の知人に話をしたところ「是非とも頼む」との力強いお言葉を頂きました。

私が購入を考えているのは、ミカン農家集落の中でも一番森林側の耕作放棄地。
DSC03155.jpg

そこの所有者が高齢となり、後継ぎも居ないことから、手付かずのまま数年が経過。

また害獣により、ミカン木も半分くらいは枯れてしまっています。

つまり、ミカン農家集落の本来の防衛ラインを、イノシシとシカにより突破されてしまったことになります。

よって、その土地を私が購入した場合、私が害獣との最前線に送り込まれる形となるわけです。
耕作放棄地

そのミカン農家集落の方々とは猟期中は会うたびに獣害の話を伺ったり・・・

巻き狩りの時は猟車をミカン畑内に停めさせて頂いたり、ミカンを頂いたり。

私は、そのお礼として、良質な獲物肉を時々差し上げています。

簡単に言いますと、馴染みのミカン山なのです。
00190.jpg

あとはミカン畑を含めて、どこまで山を購入するか。

最終的には一時退職金とミカン収穫益との見合いになるでしょう。

実際にはミカン木が枯れてしまったところは、一般的な農作物を作ると思います。

おそらくは会社に残り、仕事を続けながらの兼業農家となる公算が高いのですが。

そう言えば・・・

職場の上司でもある技師長が兼業農家さんで・・・

ぷぷっ・・・笑ってしまいます・・・笑い事ではないけれど。

会議を終えて私を手招き。

「ねぇ、あっきょ君さぁ、括り罠のコツを教えてよ」と、困った様子の技師長。

技師長は実家のミカン畑を引き継いだものの、イノシシとシカにヤラレ続けて、自己防衛策として狩猟免許を取得。

でも全然獲れないし、防げないでいるそうなのです。

ならば「私に任せて」と、括り罠を5セット作ってプレゼント。
DSC04663.jpg

早速、私の作った罠を仕掛けたところ・・・

それでも全然獲れない。

仕舞いには「あっきょ君、犬を連れて来て猟をやってよ」などと。

どうにも技師長には罠猟のセンスがない。

なので仕掛け方や、罠の上に足を置かせる小技をレクチャー。

すると3日後に大イノシシが掛かったとのこと。

でも、話を聞いてあ~あ。。。

ミカン畑の土手を大きく崩されて、ミカンの若木もボッキリ。

そんな大イノシシに技師長はクワで挑み、フッ飛ばされたそう。

幸いケガは大したことは無かったのですが・・・

最後は鉄砲を要請して一件落着。

「百姓一揆じゃあるまいし、クワでなんて・・・初めから鉄砲をお願いすれば良かったのに」と私。

「いや~死ぬかと思ったよ。 これからは猟師さんにお願いすることにした」と技師長。

さすがに私が購入を考えている地域のミカン農家さんには、そんな人は居ないと思いますが。
DSC03484.jpg

私は耕作放棄地、つまり敵地を購入した折には防衛ラインを敵陣側に押し戻し・・・

以降、防衛ラインを突破されぬよう死守する決意です。

おそらくは「203高地」で繰り広げられたような壮絶な戦いとなることでしょう。

私は必ずや勝利し、ミカン畑を守り抜く所存であります。

そもそも、ミカン大好きだし♪
00368.jpg

そうだ、ミカンのネット販売もアリかも。

商品名は「203高地みかん」もしくは「乃木大将みかん」

その下には「イノシシとシカから取り戻したミカン畑で作りました!」なんて。

・・・・・

妄想癖のひどい私。

今が一番楽しい時なのかもしれません。

楽しむ秘訣は・・・

厳しい現実を考えないことです。。。




いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いろいろ妄想が広がってますね!(^ω^)
我が家のことから言えますが、
高いところだと谷がスピーカーの役割りをして、
集落内に吠える声が響き渡ります。\(//∇//)\
夜な夜な猪を電動ガンで追い払うのも、
早く吠えるのをやめて欲しいのもあります。
ゆうべは2時に追い払ってましたわ。(≧∀≦)

坪ちゃん | URL | 2020-10-27 (Tue) 20:00 [編集 ]


栗畑です。

私は耕作放棄10年の栗畑を購入しましたよ。
耕作放棄つうか藪を飼いましたね、うん。
雑木はあの桑、伐根が難儀。
一応栗はなりますが伐採ですかね。
「ぽろたん」なる品種が売れそうなので植樹だ。
にしても体がガタガタですわ。

Dalgon's | URL | 2020-10-27 (Tue) 20:33 [編集 ]


坪ちゃんさん

これを妄想に終わらせないようにしたいと思います。
大変でしょうけどね。
老後は土にまみれていようと思います。

あっきょ | URL | 2020-10-28 (Wed) 17:10 [編集 ]


Dalgon'sさん

色々と教えて頂いた小型内燃機関が活躍しそうです。
栗はいいですね。
こちらではイノシシとの戦いになりそうですが。
でも植えてみたい。
退職するまでの10年間で私もなんとか道筋を立てたいと思います。
また教えて頂くこともあるとは思いますが、その時は宜しくお願い致します。

あっきょ | URL | 2020-10-28 (Wed) 17:18 [編集 ]


二毛作で!

ミカンは解体したイノシシの残滓をたっぷり肥料として使ったワイルドな味が魅力の「イノシシミカン」として売り出しましょう!

そして猟期に獲れたイノシシはたっぷりミカンを食べたフルーティーな「ミカンイノシシ」として売り出すのです♪

どちらも早めに商標権取得をお勧めいたします。

じゃん | URL | 2020-10-30 (Fri) 22:37 [編集 ]


じゃんさん

あっ、さすがじゃんさん。
私の構想を完全に読まれていました!
あと10年経つと私は定年退職となりますが、仕事をどうしようかと思っていたのです。
しかし様々な構想があった中でのコロナ禍。
やっぱり自分で何かをしていかないとダメだと思ったわけです。
そこで出会ったのが喫茶店マスターのSさん。
仕事も猟も猟場も、そしてその後の流通もすべて自前。
「あ~これからの猟はこれだ!生き方はこれだ!」と、直感的に思ったのです。
よって耕作放棄地のミカン畑と、その裏に続く山を買ってしまおうと。
激安ですし。
大きな山からのメイン通りとなる山を押さえてしまおうという算段です。
本当に防衛ラインですし。
ここを押さえておけば有害鳥獣捕獲でも少人数で事が足りますし、それに続く山々での出動要請も減るであろうと。
10年後、まともなハンターが居なくなる中で「仕事をしながら効率よく捕獲を」と考えたらミカン農家となりました。
その中で「ミカンとイノシシを結び付けるには・・・」と考えていたのです。
全国にも同じようなことを考えている方々がいらっしゃるようですが・・・
私はより現実的に継続的に考えていきたいと思います。
203高地とか乃木大将は・・・売れないだろうな。。。
アドバイスをありがとうございます🎵

あっきょ | URL | 2020-10-31 (Sat) 08:20 [編集 ]