FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

働くF1カー

厳格な規定・規格のもとに競われるF1グランプリ。

各メーカーが威信をかけて、しのぎを削っています。

今年はどうなってしまうのかな。

ホンダの底力と逆襲を見たかったのですが。
ホンダ

そう言えば「規格」と言えば日本の軽自動車も同様。

中でも軽トラは、その車両規格内において、効率的な積載や機動力を突き詰めた車。

つまり、設計思想はF1カーと同じなのです。

よって、どのメーカーも似たような作りになるのでしょう。

しかし残念なことに、こちらの方はホンダが撤退してしまうとのこと。

働く車なのに、レーシングスピリット満載だったホンダの軽トラが、無くなってしまうのは寂しい限り。
pic_main_visual.jpg

スバルと三菱・・・そしてホンダも・・・

残ったのは実質、ダイハツとスズキのみ。

競合が激しくて、今後の利益が見込めなかったこともあるのでしょう。

でも、狭い日本にとって、軽トラは働く車として今や絶対に必要。

もちろん猟にだって。



そんな私の猟車はスズキのキャリイ。
CIMG5124.jpg

作りは ちゃち。

なのに壊れず良く働いてくれます。

本当はスズキ車以外の軽トラが欲しかったのですが・・・

たまたま近所の中古車屋で安いのを見つけたので。

ところが、旧式のF6Aエンジンと絶妙なギヤリングのおかげで、低速での粘りは抜群。

今ではスッカリ気に入り、大切にしながら慎重にガリガリとヤブ漕ぎをしたり、岩石にブチ当てています。。。

さて、今回は車検に出すにあたり、単管パイプの「やぐら」をどうしようかと。
02501.jpg

車屋さんに相談してみたところ「こっちで降ろすからいいよ」と言って下さいました。

やはり、重量物は降ろした方がいいようなのです。

「だったら申し訳ないので、家で降ろしてきます」と、なりましたが。

で、助手を使ってエッチラオッチラ。
02502.jpg

作業自体は10分も掛からないのですが・・・
02505.jpg

ハッキリ言って、邪魔。

ところで、この単管パイプのやぐら。

クレーンが装着できますし・・・

解体時に使うコンパネや足台も犬箱を乗せて尚、その上部と下部に積載可能。

したがいまして、スペースも確保でき、クレーンと併せて獲物も楽々積めます。
02431.jpg

ちょっと、はみ出してるけど。

それに、その気になれば「石焼いも屋さん」だって出来るかも🎵
石焼き芋

・・・・・

しかし通常の巻き狩りでは、こんな装備は全く以って無用。

私の場合、猟犬の訓練と称して一銃一狗も行いますので、全部装備していないと不便なことも多く、やむを得ず。
00186.jpg

決して欲張りさんな訳ではありません。。。

ところで、この軽トラの屋根。
00631.jpg

心配なので車屋さんに診断してもらいました。

「な~に、こんなの全然大丈夫! あと10年このままでもオープンカーにはならない」と。

太鼓判を押して下さいました。

心強いお言葉です。。。

それにしても、旧規格のフルキャブオーバーは小回りが利いて使い勝手はバッチリ。
02503.jpg

軽量で、キビキビと走りますし。

車屋さんは「旧規格は、走る棺桶」と言っていましたが・・・

考えないのが一番ですね (-_-;)



いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

軽トラ、便利だよね
昔、強風の中、高速使って死ぬ思いしましたが・・・^^;
農協仕様もあると聞きました。
ホンダは農協に嫌われたかな?

ソラダケ | URL | 2020-04-23 (Thu) 23:06 [編集 ]


僕のサンバーバン、もうすぐ20万キロになりますが、
エンジンは好調です。が、ギャップがあると
床下からゴツンって。車屋が、フレームが
腐ってるって。(≧∇≦)
夏に住宅ローンが終わらないと、次のローンが組めません!\(//∇//)\

坪ちゃん | URL | 2020-04-24 (Fri) 07:47 [編集 ]


規格

1998年 軽自動車の規格が 変更されました。長さで10㎝
横幅で8㎝ 大きくなりました。そこで各自動車メーカーが安全対策でキャビンを大きくしフロントタイヤの位置を 前に出しました。前に出さなかったメーカー ダイハツ・スバルのみ
トレッドが長くなり田圃道ではうまく曲がることができず切り返しが必要になりました。そこで軽トラの販売が大きく変わったように思います。
フォロントタイヤを座席の下に持ってきたのは規格変更から随分時間がかかりました。
そこで ダイハツ・スバルが山では 増えました。
ホンダの四駆(リアルタイム)ですし パートタイマー四駆がいいようにも思います。
ダイハツジャンボ四駆(四駆と二駆)
スズキスーパーキャリー(四駆 Lowとhighと二駆)

    龍

| URL | 2020-04-24 (Fri) 15:27 [編集 ]


訂正 ホイルベースが長くなるため ハンドルの切り返しが必要 
もう年ですから 間違えました。
年は取りたくないです。

    龍

| URL | 2020-04-24 (Fri) 18:49 [編集 ]


ソラダケさん

「一家に一台」出来れば、そんな感じですよね。
確かに軽トラでの高速は恐怖です。
この間、思い知りました。。。

あの前輪位置で明暗が分かれたしまったようです。
言われるとおり、ダイハツ以外は農協に嫌われてしまいました。
スズキは慌ててフルキャブを設定し直しましたが。
また、ホンダは真面目に軽トラを作り過ぎましたね。
「高かろう良かろう」でした。
それを分かってくれるユーザーが少なかったのでしょう。
もう少しシェアを確保していれば、駆動系を刷新して新型を・・・
と、経営陣も判断したと思います。
とにかく残念でなりません。

あっきょ | URL | 2020-04-24 (Fri) 20:24 [編集 ]


坪ちゃんさん

サンバーバンはイイですね!
20万キロ・・・いったい地球を何周してるんですか!
でも、そこがサンバーの凄いところですよね。
もしかして赤帽仕様の赤ヘッドエンジンを・・・。
私も本当はRRエンジン車が欲しかったです。
それに、あの4気筒エンジンの重厚なサウンドはとても「軽」とは思えませんよね。
30万キロに向かって突き進め!てな感じです🎵
クルマは乗り潰してナンボですよね🎵
ローンは組んじゃダメ!

あっきょ | URL | 2020-04-24 (Fri) 20:34 [編集 ]


龍さん

私は龍さんにお願いがあります。
一生のお願いです!
龍さんのダイハツ・ジャンボと、私のウルトラQ・キャリイを交換して下さい!!
・・・ダメ?

命を顧みなければ旧規格は最高ですよね。
ところで・・・
確かに、ホンダの軽トラに見切りをつけていた感は否めませんよね。
出来れば、Nボックスの思想で刷新して貰いたかったです。

私はフルキャブのスリル感がたまりません。
お尻の下にタイヤがあることを信じて・・・
足先は崖下に位置しているのに、転落せずに急旋回。
それが軽トラの醍醐味ですよね!

あっきょ | URL | 2020-04-24 (Fri) 20:50 [編集 ]


龍さん

やはりフルキャブとセミキャブの違いは運命の分かれ道でしたよね。
衝突安全性なども考慮に入れると、セミキャブの方が真っ当な進化型だったのでしょう。
しかしフルキャブでもコストを掛ければそれをクリアできる。
そしてユーザーはフルキャブを望んでいる。
高速走行や積載時の安定性を重視するセミキャブ派ユーザーの数をフルキャブ派は遥かに上回っていたようです。
その点では、ダイハツはマーケットリサーチがシッカリと出来ていましたね。
品質、性能、コストパフォーマンスは文句なしです。
ダイハツはいいよなぁ・・・欲しいなぁ・・・。
年を取った人にはキャリイがいいようです🎵 <(_ _)>

あっきょ | URL | 2020-04-24 (Fri) 21:05 [編集 ]


お知らせ

そちらに いくはずでしたが 娘婿が ジャンボを持っていきました。
そこで 私は 1年4か月前 スズキスーパーキャリーを買いました。あしからず 次は そちらに行くと思います。

     龍

| URL | 2020-04-25 (Sat) 07:01 [編集 ]


龍さん

えぇぇ・・・スーパーキャリイをですか!
私からすると、スーパーカーです!
凄いなぁ。

あっきょ | URL | 2020-04-25 (Sat) 16:32 [編集 ]