FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

罠師との話し合い

環境省主導のニホンジカ管理捕獲。

これには報奨金制度が伴います。

ところがその制度により、狩猟者の間に様々な摩擦が起こっているのです。

おそらくは全国的にそうなのでしょう。

そんな報奨金には目もくれず、純粋に銃猟に専念する者。

報奨金目当てに罠猟に夢中になる者。

どちらが良いとか悪いとかではない難しい問題に直面しているのです。

増え過ぎたニホンジカを適正生息頭数に抑えるための管理捕獲。

わかりやすく言うと、ニホンジカの間引き。

これを短期的か長期的か、または複合的に考えるのか。

環境省も今は手探りの状態なのでしょう。

また、地域によっては様々な捕獲方法への試みがなされています。

そのような中で、冒頭にも述べたように問題が起こっているのです。

問題の発端っとなっているのは括り罠。

括り罠とは、ワイヤーで獲物の足首を瞬時に締め付けて捕獲する罠の一種。

これに猟犬がヤラれてしまうのです。

また、ルールを守らない罠師もいます。

ルールでは締め付けたワイヤーの輪の直径が必要以上に小さくならないように、ストッパーを装着しなければなりません。

ところがストッパーは緩みやすいため、その効力は無意味な場合も多いのです。

それを逆手に取り、ストッパーを装着しなかったり、固定ネジを故意に緩めたり、ゴムチューブなどで誤魔化したり。

ストッパーが効かない方が捕獲率が上がるため、その様な不届きな罠師も多いのです。

それに対して困るのは、猟犬を使役している勢子。

私も、その困っている一人なのです。

昨年は他の勢子の猟犬を使役している最中に、2頭が括り罠に掛かってしまいました。

そのうち、1頭は暫くの間、ビッコを引くありさま。
DSC03435.jpg

問題の括り罠にはストッパーが無く、過度に猟犬の足首を締め付けてしまったのです。

私はその罠師を呼び出し、猟犬の治療費を請求。

罠のストッパー無し状態も撮影していたため、それを突き付けて厳重注意。

猟場近くの括り罠を全て外させました。

今年の猟場や猟隊は異なるのですが、猟犬たちにとって危険な状況は変わりません。

猟犬の頭数を絞らざるを得ない理由はそこにもあるのです。

猟期も後半戦に入る中で「このままではイカン」と。

私たちの猟場や、その近くに罠を仕掛けている4人の罠師と連絡をとりました。

私の提案は「罠山と巻き狩りの山を明確に分ける」と言うもの。

すると・・・・・

皆さん拍子抜けするくらいに快諾をしてくれたのです。

色々と言いたいこともあるのでしょうが・・・

有害鳥獣捕獲の時は私と顔を合わせることがあるからかな?

罠猟をやりながらも、有害鳥獣捕獲の巻き狩りには参加したいようです。

やはり元は同じ猟師なんですね。

そんなことで、来週からは気持ちがだいぶ楽になりました。

猟犬あっての巻き狩りですからね。




スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

報奨金反対!

同じく報奨金制度反対!
事故や諍いの基で、猟を卑しくするばかりで百害あって一利なしです。

「狩猟が好きだ」「狩猟を楽しみたい」というだけで充分だと思うのですが…。

じゃん | URL | 2020-01-10 (Fri) 00:40 [編集 ]


報奨金

現状 確認をせずに 報奨金を出しているのに 問題があるようにの思います。行政が 管理するなら 徹底的に 管理するように思います。他所で取っても写真 しっぽ があれば OK その時に 第三者が 確認が 必要です。
もう報奨金 制度を 終わりにしないと 鹿、猪もいなくなってしまいます。昔から 一つの猟場で 3年やったら 3年 開けろと言われています。
絶えさせたら 猟師 自分たちが 何もできなくなるのに
もう少し 先を見て 行動してもらいたいものです。
これは 行政にも 言えることです。
明日は グループ猟 事故の無いよう 安全狩猟!
親方の 犬を使うので 少しでけ 気持ちが楽から?

ではまた。  龍
 

| URL | 2020-01-10 (Fri) 17:45 [編集 ]


じゃんさん

報奨金制度により失ったものは大きいですね。
また、人間の醜さも垣間見てしまった気がします。
腹立たしいと言うよりも、むしろ哀れに思うのです。
しかし猟犬たちのことを思うと、そうも言っていられませんね。
何か良い策は無いものか?
知恵を絞ってみたいと思います。

あっきょ | URL | 2020-01-10 (Fri) 23:54 [編集 ]


龍さん

環境省は生態系のへの対策がいつも後手に回りますね。
管理捕獲がそうならないことを願うばかりですが・・・
正常な狩猟者一人一人が立ち上がらないとダメなようですね。
もはや国任せではどうにもなりません。
などと考えながらも・・・
現状、何もできない自分が情けなくて仕方がありません。

あっきょ | URL | 2020-01-11 (Sat) 00:02 [編集 ]