FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

XT250復活への道

二輪免許の取得において、今は段階的で色々と制約があるようです。

私はこれはこれで仕方がないと思っているバイク好きの一人。

人の命を守るための適切な免許制度だと言えるでしょう。

一般的に考えて交通社会に順応できていない高校生を、200キロ以上もスピードの出る乗り物に、いきなり乗せてはいけないのです。

当然、生身ですし。

そう考えると、私が若い頃の免許制度は、無謀とも思えるものでした。

交通事情やバイクの性能の変化に対応し切れていない制度だったのでしょう。

私が高校生の頃はその気になれば、いきなりイッパツ試験の大型二輪だってOK!

校則無視で免許を取る生徒が何人もいました。

当時は空前のバイクブーム。

それもレーサーレプリカと称されるレーシングマシンさながらのバイクばかり。

そんなバイクで、峠道を猛烈なスピードで膝を摺りながら走り回るのが流行りでした。

かく言う私もその中の一人。

授業が終わるとクラブをサボって大垂水峠通い。

その後、進学すると次第にサーキット走行やエンデューロレースにもハマりだします。

そして社会人になってもバイク熱は冷めやらず。
CIMG1053.jpg

休日は筑波サーキットでレースメカニック。
CIMG1046.jpg

または伊豆スカイラインで走行練習や、車体のセッティング。

その頃の伊豆スカイラインは無法地帯状態となっていました。

ところが40代になって、やっと自分の反社会的な行動に気が付き、今は静かに・・・

バイク趣味はレストアのみに止めています。

振り返ってみると、公道で・・・本当に愚かで危険なバイクとの接し方でした。

運が悪ければ5回くらいは死んでいるところです。
CIMG0481.jpg

純粋に改造を楽しみ、公道では流す程度に止め、その先はサーキットでのみ試すもの。
CIMG0483.jpg

愚かな時期を経たからなのか?それとも年を取ったせいか?

なぜもっと若い時に今の境地に至れなかったのか?自分が情けなくなります。

そんな40年近くにも及ぶバイク趣味の中で唯一、生き残り、私を見守ってくれていたのが、この『XT250』
DSC06481.jpg

ヤマハの古いオフロードバイクです。

私の若い頃の思い出がギッシリと詰まった相棒。

他にもオフロードバイクは10台以上乗り倒したのですが、ナゼかXTだけが残っています。

崖下への転落や、ダンプとの正面衝突・・・・・この正面衝突が酷かった・・・・・

マッドマックスのトーカッターの最後みたいになってしまいました。
c54ef9f8a6.jpg

幸いにして私は彼ほど酷い状況にはなりませんでしたが、XTはダンプのフロントグリルにハマり込んでしまい一体化。

分離するのに大変でした。

それ以外にもレースや林道で三桁は転倒したと思いますが、その度に修理。

で、何度もXTは不死鳥がごとく復活。

ナンバープレートだってウイリーでバリバリ。
DSC06482.jpg

アルミ板に接着剤でナンバープレートの破片を貼り付け、文化財の修復さながら。

したがって、元から残っているのはフレームとリア周りのみ。

フロント周り一式・エンジン・外装は、組み替えたり乗せ換えたり。

あとは気化器と電装系を整備。

長い眠りより目を覚まして完成!の予定だったのですが・・・

狩猟を始めてしまったため、仕上げのレストア作業が頓挫。
DSC06484.jpg

しかし、ここに来て考え直します。

今まで散々酷い目に遭わせてきたXT。

このままではあんまりだと思うようになり一念発起!

捕獲業務の合間を縫ってレストア作業を再開することにしました。

ヤマハにパーツが残っているのかが心配ですが、無ければ作るか、他車パーツの流用か。

電装系も6Ⅴなのが気掛かりですが、他車パーツで何とかなるでしょう。

さぁ、あともう少し!頑張るぞ!

完成したら、今度は法令遵守の安全運転で乗ろう!





スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

御歳

いつまでも若くありません。
気を付けてレストアしてください。
プレミアムが付きそうで楽しみですね。
高く売りますか? 忘れていました。
パソコン音痴の私は無理ですが、アストロの日本語化
できるか調べてみてください。
朗報を待っております。

ではまた。   龍

| URL | 2019-05-25 (Sat) 15:41 [編集 ]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2019-05-25 (Sat) 22:25 [編集 ]


青春時代のバイク

私も同じくバイクに青春時代をかけた一人でした。

自分でするのはオフロードレースのみでしたが、鈴鹿GP遠征して見に行っていましたよ。
W.ガードナーの雨の日の力走。
ローソン、レイニー、シュワンツ、ドゥーハン、そして続く日本人ライダー達。
「バリバリ伝説」世代だったので、あっきょさんの少し後くらいですかね。

オフ車もかなり乗ったので、今となっては一台くらい残しておけばよかったかなと思います。
あ~、こんな記事を読んだら、またバイク熱が復活しそうです(笑)♪

じゃん | URL | 2019-05-25 (Sat) 23:18 [編集 ]


こんにちは♪

私の弟も、バイクに狂った(?)ひとりでして、
中学生の時にポケバイを買って以来、バイクバイクで、
社会人になてからは、125ccのレースにも出てました。
どんだけ散財したんだろ~。(笑)
結婚してからも、夫婦揃ってナナハンに乗ってましたしね。
今は、大きいのには乗ってないものの、バイク好きは変わらずみたいです。
去年も弟に頼まれて、古いバイクの部品をネットで購入して、
こちらから日本に持って行きましたよ。
100ユーロ以上したので、どんなすごいものかと思ったら、
汚い鉄の塊でした。(笑)
あっきょさんも、相当お好きなのですね(*´艸`*)
思い出がギッシリ詰まったバイクが、蘇りますように!

pil | URL | 2019-05-26 (Sun) 15:18 [編集 ]


龍さん

いつもはレストアをすると、売ってしまったりしていました。
でも、このバイクは特別ですので、所有し続けるつもりです。
その前に走るかな?

そんな私も未だにガラケーを使っているくらいですから、パソコンにも無頓着。
基本的に全然分かりません・・・ごめんなさい。
ただし、周りに得意な方々がいますので聞くことは出来ます。
で、聞いてみました。
結論から言いますと「出来ます」
アストロ320にはバージョンがありますので、初期のものは日本語化に手間取ったり不完全な場合もあるようです。
一番簡単な方法は、今お持ちの320(すでに日本語化しているもの)のデータを一度パソコンにインストール。
そうしたら今度は英語表記の320をパソコンに接続し、そのデータを基に日本語化してみて下さい。
勝手にバージョン対応してくれるようです。
ネットからでしたら「アストロ320 日本語化」で検索すれば色々とあるそう。
ただしその場合は、バージョンによって不具合もあるようですので対応できるように、いくつか対応ソフトをダウンロードする必要があるようです。
因みに地図はプロテクトが掛かっていて、素人には難しいみたい。
とりあえず試してみて下さい。

あっきょ | URL | 2019-05-26 (Sun) 20:53 [編集 ]


じゃんさん

あっ、私も鈴鹿GPに行きましたよ!
その時はフレディ・スペンサーが予選で走行したものの、ケガの傷みに耐えられず棄権。
「おぉ!スペンサーだ!」と思ったら、お仕舞い。
2周目は来ませんでした。。。
確か優勝は新沼謙治だったかな?・・・
イヤ、ちがう、ニール・マッケンジーでした。

250㏄くらいだったらお手軽でいいですよね。
どうでしょう、通勤バイクと称してもう一台買われては!

あっきょ | URL | 2019-05-26 (Sun) 21:17 [編集 ]


pilさん

私も狂ったなんてモノではありませんでした。
「散財」・・・非常に耳の痛い言葉です。
今までにバイクに費やしたお金を全て貯蓄に回していたら・・・
子供の学費でこんなにヒィ~ヒィ~言っていません。
マイホームローンも、もう終わっていたかもしれません。
そして家内の私に対する信頼も、失われたことは間違いありません。
・・・の「せん」づくし!
でも「無駄」ではなかったですね。
これが、趣味ってモノなんでしょうか?
XTは懲りずに頑張って蘇らせます!
応援ありがとうございます!

あっきょ | URL | 2019-05-27 (Mon) 05:12 [編集 ]


オケヤさま

コメントありがとうございます。
メールが送信できなかったため、この場をかりて返信させて頂きます。

何だか同じような趣味で嬉しいです!
GPSに関しては、またハッキリしたことが分かりましたら、ブログでも紹介させて頂こうと思います。
お心遣いありがとうございました。

あっきょ | URL | 2019-05-27 (Mon) 16:14 [編集 ]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2019-05-27 (Mon) 19:50 [編集 ]


オケヤさま

猟も家庭もお互いに大変ですね。
本当は仕事優先でなくてはいけないのですが・・・
お金のかかる遊びばかりしているような気がします。
心を入れ替えて頑張りま~す!?

あっきょ | URL | 2019-05-28 (Tue) 16:17 [編集 ]