FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

チョッシー

どうにも気になる調整池の『チョッシー』
DSC05812.jpg

昨日のブログにも書いたように、その行動と状況が私の知識とは合致せず、正体が何なのか分からなかったのです。
DSC05810.jpg

したがって今日は早めに家を出てジックリと観察し、その種の同定を試みることにしました。

明るい時間にあんな浅瀬で背中を出しているなどと言うことは普通は魚はしません。

出している場合は産卵行動の時が主。

ただしその時はオスがメスを追い回し、バシャバシャとやっています。

それも水草の上で。

そんな場合、種類はコイかフナ。

夜ならばナマズ。

でも夜ではないですし、バシャバシャもしていませんし、水草もそこにはありません。

のんびりウネウネと這うように泳いでいるだけ。

そのうねり具合、つまり体の曲がり方はライギョでもなさそう。
ライギョ

今までに浅瀬でのんびりウネウネしているライギョを見たことがありませんし。

普段は、一日の大半を木の棒のように真っ直ぐになって動かないのです。

背中を出している、そのナゾの生物「チョッシー」の大きさはおよそ80cm。

かなり大きい部類。

いよいよナゾは深まるばかり。

カミツキガメはウネウネできないし・・・   (以下、写真はウィキより)
カミツキガメ

アリゲーター・ガーも普段は木の棒みたいになってるし・・・
アリゲーターガー

ポリプテルスか?・・・いやいや大き過ぎる。
ポリプテルス

ハイギョか?・・・いるわけない。
ハイギョ

デンキウナギか?・・・もっといるわけない。
デンキウナギ

「う~ん、わから~ん!」

「チョッシーはやっぱりチョッシーでしかないのだ!!」

よ~し、かくなる上は最終手段。

「うりゃ!」

チョッシーの近くに石を投げてみます。

「ドッボ~ン!」

「バシャ!」

「ありゃ?」

ビックリして逃げ出すチョッシーの体の一部を確認できました。

チョッシーの正体は・・・・・

「な な なんと!」

大きな野ゴイ。

そして調整池を一周よ~く確認してみると・・・

水門付近以外は殆どが水深15cmくらいしかないのです。

コイが何かの目的を持って浅瀬にいたのではなく・・・

全体が浅くなった池の中で、仕方なく背中を出して移動していただけなのです・・・ウネウネと。

そんなことも分からなかったなんて・・・なんだか恥ずかしい・・・・・

一人で騒ぎながら調整池の周りをグルグル回って、おまけに石を投げ込んでみたりと・・・

きっと散歩中や農家の方たちは、そんな私をヘンなオジサン視していたに違いありません。

彼らからすれば私こそが調整池のナゾの生物。

そう、チョッシーだったのです。

私はガッカリと肩を落としながら職場へと向かうのでした。

あ~、4時半なんかに起きるんじゃなかった。

眠い・・・・・。




スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

チョッシー

いえいえ、鯉を身代わりにしてその下に更に大きな影が…。
なんてことになったりしたら面白いのでしょうが。

実はあっきょさん自身が「チョッシー、チョッシー」といつもぶつぶつ呟いていて、近所の農家の方からは「あ、チョッシーが来た!!」と言われているかもしれませんよ(笑)。

じゃん | URL | 2019-04-19 (Fri) 20:49 [編集 ]


じゃんさん

いっそのことハンドルネームをチョッシーに変えようかとも考えています。。。

それにしても初めはナニかと思いましたよ。
ナマズっぽかったんです。
背中だけ出てジッとしている時はカミツキガメかとも思いました。
そして「仕事に行く前に自分はいったい何をしているんだろうか」とも。

「鯉を身代わりに・・・」
おそらく、そんなことをするのは、あの一種類しかいないでしょう。
今や絶滅の危機に瀕していると思われる、一属一種の希少種。
そうです、カッパです。
この調整池、いそうだもの。。。

あっきょ | URL | 2019-04-20 (Sat) 23:05 [編集 ]