FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

今期初猟

11月も終わろうと言うのに私はつい先日まで出猟していませんでした。

私にとっての初猟は11月25日。猟隊の皆さんには大変迷惑を掛けてしまいました。
CIMG5145.jpg
(あ~いい天気。左を向くと)

CIMG5143.jpg
(こんな感じ。この土手下のカヤボサを攻めます)

何だか狩猟が面倒になったとかイノシシに脂がのってくるのを待っていた(それはチョットあるかな)とかではなく、仕事でバタバタしていたり週末の悪天候などで出猟できないでいました。

ワンちゃん達もウズウズしている感じ。

初猟前日は「何だか久々だと忘れ物しそうだな」などと考えながら準備をしましたが、釣具のようには行きません。

前日から道具を車に積み込みたいのですがそうもいかず、持ち物リストとにらめっこ。

実は、おバカな私は1度とんでも無い物を積み忘れてしまい、途中で家まで引き返してきた事があります。

なんと「猟犬」を積み忘れてしまいました。勢子なのに。

その時の「何か忘れてないか?何かヘンだぞ?」という後ろ髪を引かれる様なモヤモヤした思いと、「お~そうだ大変な物を忘れてしまったど~しよう!」と思い出せたスッキリ感は人生で最高レベル。

家族からは散々バカにされてしまいました。

ですから恥を忍んで持ち物リストの最後には「ヤマ & コーシン」と書いてあります。あ~ハズカシ~!。

ところで初猟の猟果はと言うと若い雄シカ1頭のみ。

見切りの通りイノシシ親子が入っていましたが先にシカが起きてしまった上に、その後に起こしたイノシシにはタツを切られてしまいました。

獲物を見つけた時のヤマの鳴きはいつもの通りの力強さで、コーシンの方は上ずり気味の鳴き。

コーシンの鳴きは昨シーズン中盤以降に見せた落ち着いた力強い連続鳴きではなく、初めの頃の興奮し過ぎたり焦った時の鳴きに戻っています。

恐らくは若犬が故なのでしょうが、またどの様な鳴きに変化していくのか興味があります。

それ以外は数ヶ月のブランクを全く感じさせないヤマとコーシンのコンビネーションを確認できて安心しました。

猟を終えて解散する前に、イノシシにタツを切られた(抜けられた)事の反省会。

猟の出席人数が少なかったためタツを1本減らしたところ、そこを抜けられてしまったのです。

Aさん:「いや~今日もやられちまったな~」

Bさん:「いつも居なくても大丈夫だろうと思ってタツを抜くと、そこをシシに抜けられちまう
     だよな~」

一同 :「そ~だな~」

Cさん:「イノシシの奴らオラ達の話をこっそり聞いているだよ」

一同 :「ワッハッハッハ~ そ~かも知れね~な」

 私 :「イヤ、この中にイノシシのスパイがいるかもよ」

Cさん:「そ~かも知れね~な、Dさんよ あんたスパイじゃね~のか?」

Dさん:「オラ違うだよ、オラはイノシシ語わかんね~もの。そ~だコーシンじゃね~のか?」

 私 :「そ~かも あの鳴きはイノシシに抜けを教えているかもしれない」

一同 :「きっとそ~だわ ワッハッハッハ~」

Dさん:「ありゃ追い鳴きじゃなくてイノシシの前を走って抜けを教えているだな。
そんでまた遊ぼうぜ~って言ってるだよ」

一同 :「ワッハッハッハ~」

Eさん:「いや~それにしてもよ~・・・・・・・

私の一言により、いつまでも終わらなくなってしまった反省してない反省会。

コーシン、ごめん。
IMG_0138.jpg
「テキト~なこと言わないで!」




スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する