FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

バタバタした一日

朝一の猟場の見切りで「これはいける!」と判断。

イノシシの足跡と、エサを食べるために掘じった跡。

そして無数のシカの足跡。

どれも昨晩のもので、猟場内にいる可能性は大。

即、一回戦目に掛かります。

さあ、猟犬たち!頼んだよ!

そして見切った通りの結果でした。
DSC05081.jpg

今日の猟はこれを解体してお仕舞い。

私は次なる現場に向かいます。

暫く手付かずだった猟場の偵察です。
DSC05086.jpg

それにしても山が大きいぞ。
DSC05090.jpg

でも、一銃一狗(猟師一人と猟犬一頭)で地道に攻めるには面白そう!

獲物を冷やす川も水量バッチリ!
DSC05088.jpg

狩猟小屋候補の廃屋もあります。
DSC05089.jpg

ここの管理者の農家の方ともお話しすることができました。

次週は、この集落の区長さんとも話をする予定です。

その後、獲物の状況を確認するために見切りをしていると・・・

あれ、フキノトウを発見!で、少しだけお持ち帰り。
DSC05091.jpg

フキノトウが入った袋を下げてニコニコ顔で林道を奥に進むと・・・

表情が曇ります。

3年前は毎週のように巻き狩りをしていた猟場も、管理しないと荒れ放題。
DSC05092.jpg

これをまた一から整備し直すとなると大変。

親方にチェンソーを借りるかな。

それにしても獲物の気配はプンプン!

次はカノを連れて来て、一緒に様子を見てみようと思います。



夕方前には家に着き、さてと・・・・・

フキノトウ味噌にでもするかな?と思っていたら、もう家内に茹でられてました!

アク抜き中。
DSC05093.jpg

「少し」と言いながら30個以上も欲張って採ってきたため、暫くは初春の味を楽しめそうです。

おにぎりの具にすると、これまた美味しいんですよね。

もちろん酒の肴にも。

ごちそうさまです。

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いいなあ

昨年チェックしておいたアパート近くの斜面。
ジャンさんの記事であわてて見に行ったら開ききってました。
沿岸部ではちょっと遅すぎた感じ。
県北に行かなくてはフキノトウをお持ち帰り出来そうにありません。
ダッシュ島ならぬあっきょ山の開拓ですね。楽しみです。

デビラ | URL | 2019-02-18 (Mon) 09:23 [編集 ]


そろそろ

あっきょさん、おはようございます!

いいですねぇ〜フキノトウ味噌になったのでしょうか?
こちらも気温が上がってきたので、そろそろかと楽しみにしております♪

ところで、あれだけを(3頭の鹿とイノシンでしょうか)解体するには何時間かかるのかなぁ〜なんて、お弁当の鶏肉を切りながら考えていました笑

お疲れ様でした!

ゲンゲ太郎 | URL | 2019-02-18 (Mon) 10:04 [編集 ]


デビラさん

私もじゃんさんの記事で思い出し、早く行かねばと焦っておりました。
たまたま猟場確認で見切りをしていて発見。
山間の日陰がちな場所だったのでセーフでした。
お酒を飲み過ぎちゃいそうです。

この場所は家から車で20分ほどのところですので、猟犬のことも考えると本格的に開拓したいと考えています。
いっそのこと住んでしまいたいくらい。
そして何れは畑を耕しながら余生を送る。
定年後の楽しみも含めて考えていこうと思っています。
デビラさんと同じかもしれませんね。

あっきょ | URL | 2019-02-18 (Mon) 18:03 [編集 ]


ゲンゲ太郎さん

あぁ、そうですよね。
そちらの方では、これからなんですね🎵
実は欲張って少し育ったのも採ってしまったため、昨晩は茹でた後で選定作業をせざるを得ませんでした。
どんなに水にさらしても苦過ぎるのはダメ。
やっぱり「つぼみ」状態の方が適度な苦みで美味しいですね。

シカは「アンコウの吊るし切り」みたいにして解体します。
イノシシは脂のタップリと乗った大きめのメスでしたので、こちらは寝かせて丁寧に。
決してシカを雑に扱っている訳ではないのですが、シカはこうした方が皮がムキやすく、かなり早く捌けます。
肉を部位ごとに捌くまでは・・・
シカは3頭で1時間チョットくらい。
イノシシは丁寧にあばら骨まで抜くと1頭1時間では終わりません。
みんなで手分けして捌きますが、後始末まで入れると3時間近くは掛かりました。
大切な命を奪った以上は、出来るだけ多くの部位を有効活用してあげるのが狩猟者の責務。
いつもありがたく頂いております。

あっきょ | URL | 2019-02-18 (Mon) 21:05 [編集 ]


フキノトウ

フキノトウを見ると嬉しくもあり、「ああ、あと少しで猟期も終わるなぁ」と少し悲しくなります。

そしてこれからは、エサも食べずにメスを追って身軽になった大猪の牙が怖い季節でもあります。

残り少しの猟期、お互いケガも事故もなく無事に終猟出来ますように♪

じゃん | URL | 2019-02-19 (Tue) 19:24 [編集 ]


じゃんさん

ありがとうございます。
「終わり良ければ総て良し」ですね。
慣れやダレ、そして慢心。
この一か月は更に気を引き締めないといけませんね。
イノシシのフットワークも減量に成功したボクサーさながら。
確かに怖いです。

おかげ様でフキノトウはセーフでした。
私の場合はフキノトウを見ると「嬉し悲し」です。
先輩猟師さん方がタツで暇になるとフキノトウ狩り。
そして「はい、お土産」と私にくれるのです。
私は嬉しい反面、先輩方につまらない思いをさせてしまったと反省し悲しくなります。
勢子として失格。
思いも味も・・・ほろ苦いのです。。。

あっきょ | URL | 2019-02-19 (Tue) 22:57 [編集 ]