FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

エンジン音で分かってよ

仕事を早めに切り上げて、サイクリングに出発。

向かうはバスの整備工場。

車検の完了したビッグホーンを引き取るため、折り畳み自転車に跨りシャカシャカと。

漕いでも漕いでも変わらぬ風景。

トップギアでも遅いったらありゃしません。

それにしても、のどかな風景。
DSC03713.jpg

この山々はイノシシの楽園・・・・・今日は関係ないか。

なんとか整備工場にたどり着き、色々と整備・修理内容を伺います。

そして肝心の車検代は11万3千円也!

安く済んで良かった。

主要部に問題は無かったのですが、劣化したゴム部品を交換してくれていました。

中でも燃料気化器系のバキュームホース類が新品になっていたのにはビックリ!

オイル交換も含めてサービスで・・・・・そう「タダ」だったのです!

「バキュームホースのヒビがよく分かりましたね」との私の問いに・・・

「アイドリングが少し不安定だったのでバキュームホースを確認したら・・・」と。

昔の車は、燃料気化器とエンジンとの関係で発生する負圧の変化で、様々な制御をしています。

今の車も、その負圧を元にコンピューターを介して様々な制御を行っているのですが、その感知方法はもっと合理的。

お利口なコンピューターの無かった時代の車は、負圧に頼る制御が沢山あり、超アナログ。

その分、バキューム(負圧)ホースも多く、それぞれのゴムの状態は大切なのです。

なのに・・・・・

今までに車検をお願いした整備工場は、どこも直してくれなかったどころか、指摘すらなかった・・・

「エンジン音で分かってよ」と言いたいのです。

もう10年以上もアイドリングが不安定だったのに・・・・・放っておいた私も悪いけど。

やっぱり、このバス整備工場にお願いして良かった。

人命を預かる「バス」の整備士さんは、目の付け所もレベルも別格だと感心した次第です。

ありがとうございます、お世話になりました。

キーを捻り、エンジンスタート!

しばらくするとエンジン回転数は落ち着き、アイドリングはピタッ!と安定。

エンジン回転の上昇も滑らか。

「おっ!さらに調子が良くなっちゃったぞ!」と、走り出してウキウキの私。

せっかくなので、農道で記念撮影。
DSC03715.jpg

また、しばらく走って家に到着。

すると、けたたましく吠え掛かるコーシンとカノ。

「こらぁ! ワシじゃい!」
DSC03386.jpg

「・・・・・・・・・。」

軽トラだと吠えないのに・・・・・

「エンジン音で分かってよ」と言いたい。

でも、殆ど乗らないから仕方ないか。

ビッグホーンは、もう少し乗った方がいいのかな?

でないと、このまま土に戻りそう。。。

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

復活良かったですね

安心して乗れますね。
私の前の車は13年乗って3万キロでした。
家族で出かけることも無くなり、妻が運転しやすい車と思って今の車にしましたが、結構維持費が高いです。
年を取ると目も耳も指先感覚も鈍くなりますね。自分でいじることも億劫になって来ました。信頼できる整備工場を見つけて本当に良かったと思います。

デビラ | URL | 2018-12-21 (Fri) 12:22 [編集 ]


デビラさん

ありがとうございます。
「安全運行」の観点でも本来の車検を行って頂いたと思っています。
しばらくは安心して乗れるでしょう。

本当は自転車のみのシンプルな生活をしたいのですが・・・
田舎に住んでいるとマイカーに頼ることも多く、どうにも手放せません。
でも、維持費もバカになりませんよね。
その都度レンタカーも何ですし・・・
車の維持費と考えるより、いざと言うときの「安心料」とした方がいいのかな。
そう考えると尚更この整備工場には感謝なのです。

あっきょ | URL | 2018-12-21 (Fri) 19:42 [編集 ]