FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

一年前の思い出

昨年のちょうど今頃、猟場の状況確認のため、猟場を散策して回ったのが老師匠と最後の山歩きとなってしまいました。
CIMG4808.jpg

その後、容体が急激に悪化し、その2ヶ月後の昨年12月に、お亡くなりになってしまったのです。

老師匠は半世紀以上にわたり、猟犬と共に「イノシシ猟」一本で歩んでこられました。

伊豆半島を拠点とし、紀伊半島にも遠征するなど、イノシシ猟の魅力に魅せられ続けた人生でした。

私は偶然にも老師匠率いる猟隊に入隊し、みっちりと仕込んで頂き、なんとか狩猟者としての出発点に立てたのではないかと思っています。

もし、この地域の他の猟隊に入っていたら、私は未だにお客さん狩猟者気分で猟行していたかもしれません。

昨今の狩猟者減少の流れに漏れず、勢子や猟犬も減り、それは私の猟隊も例外ではありませんでした。

私は右も左も分からぬまま「一番若い」という理由だけで、勢子役を任されることとなり、必然的に猟犬を飼うことにもなったのです。

それにあたっては、親方である老師匠がそのすべてを支援して下さり、今の私は曲がり形にも何とか勢子っぽい姿にはなりました。

しかし、そんな矢先の恩師であり、猟隊の親方でもあった老師匠の死。

私は羅針盤を失いました。

猟隊においては、タガが外れたことにより、まとまりを失いました。

その状態から私を救って下さったのが、有害鳥獣捕獲で同じ捕獲隊になった他の猟隊の先輩勢子の方々。

勢子同士、そのノウハウや猟犬飼育の苦労などを共有し、勉強になることも多く、今の私の心の支えとなっています。

タガが外れた猟隊には早々に見切りをつけ、私は単独での船出を選ぶことに。

羅針盤は失っても航海術は身に付けたため、なんとかなるでしょう。

これからは猟犬たちと、より密に一対一で向き合い、そして一丸となり「イノシシ猟」に臨むつもりです。

この状況を老師匠が見たらなんと言うのか、今の私には分かります。

「やっぱり俺の思った通りだ。オマエなら大丈夫だ、一人でやってみろ」

思い起こしてみると、ご生前から、このことを思わせる発言や行動が幾つもありました。

猟場散策の度に、新しい猟場と、その攻略方法を細かく教えて下さいました。

そしてそれは「一銃一狗」(私と猟犬一頭)の場合を想定したものが多かったのです。

今から思えば「そうだったのかぁ」と、思い返すことばかり。

老師匠と、もっと猟がしたかった、もっと猟場散策をしたかった、もっと猟犬について語り合いたかった・・・・・。

その老師匠の最後の相棒だった猟犬ヤマ。

私にとっては優秀な先導犬であり、老師匠の忘れ形見でもあります。

そして老師匠と一緒に、遠方まで譲り受けに行ったコーシンと、老師匠が一番信頼を寄せていた猟仲間のご友人から授かったカノ。

この三頭の猟犬たちは、私にとっては老師匠の分身でもあるのです。
DSC02651.jpg

一年前を思い出し、感慨にふける秋の夜長であります。

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

師の教え

私の場合、親父の自慢話が猟の教訓であり、自分が猟を始めてからは猟隊の皆さんが師匠でした。
地域猟友会の諸先輩方にも可愛がっていただき有難い限りです。

あっきょさんも老師匠最後の弟子となり、他のチームのハンターさん達とも情報共有できているようで、他人事ながら嬉しく感じます。
一旦その地域で途切れると、犬を使った猟の情報が白紙になりますし、そこからコンスタントに獲れる状態にするには相当な苦労が必要だと思うのです。

お互いにその地域の狩猟文化を途切れないように継承していきたいですね♪

じゃん | URL | 2018-10-04 (Thu) 00:18 [編集 ]


一銃一狗

今年ももう少しで 猟期が始まります。
一銃一狗 今年は いい結果が 出ると思いますので
焦らず、慌てず、安全狩猟を 心掛けてください。
いい結果が 出ると思いますので 頑張ってください。
私は、今だに ワンコたちを 山には つれて行っていません。 今月の20日過ぎに一度 つれていく予定ですが、どうなる事やら 人間が頑張らなければ 何ともなりません。
少しは 気を引き締めてやらないと 今年は ワンコの散歩で 終わるような気がします。

ではまた。  龍  

 龍 | URL | 2018-10-04 (Thu) 10:45 [編集 ]


じゃんさん

一番身近な、そしてそれがお父様。
これほど素晴らしい師弟関係はないと思います。羨ましいです。

私の場合「狩猟文化」を引き継ぐための人づくりを一番に考えている師匠に出会えたことが何よりの宝。
その継承精神を柱に精進あるのみです。
そしていずれは師匠と同じようなことが出来ればと思っているのですが・・・。

まずは引き続き先輩勢子さん方に教えを乞いながら、狩猟に取り組んでいきたいと思います。
そんな方々が、まだいらっしゃることに感謝をしなくてはいけませんね。

あっきょ | URL | 2018-10-04 (Thu) 17:02 [編集 ]


龍さん

我が家はコーシンもカノも体が引き締まり戦闘準備は万全です。
そして私の方は自転車通勤で体を絞り、夜はビールをがぶ飲み・・・体は緩んだまま。
ま、まずい!のです。
精神的にも緩いため、ストイックに自分を追い込めません。
どうにも食欲の秋の誘惑には勝てそうも・・・
これが「慢心」と言うものなのですね。
キケンな兆候、これではワンコたちを守れません。
「安全狩猟」において、焦りや、それに伴う判断ミスのは、体力不足に起因することも多いと考えています。
よって、あと体重を4キロ絞って山中を走り回れるように!
これではワンコたちに叱られます!
今晩を最後にビールを絶ちます・・・ホント。

あっきょ | URL | 2018-10-04 (Thu) 18:04 [編集 ]