FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

これで一人で大丈夫

よし、涼しくなったしクレーンを作ろう!

材料はいつもの単管パイプ。

南海トラフ地震対策で爬虫類水槽やケージを床置きとしたため、不要となった単管パイプ棚を分解。
DSC01880.jpg

それを使用します。

少し長いパイプは、先日購入したチップソー切断機でカット。

軽トラのバタに接触する部分は、専用ゴムキャップで保護します。
DSC02543.jpg

パイプを組み上げて・・・・・やぐらは完成。
DSC02541.jpg

これに自作手動クレーンを合体。
DSC00573.jpg

ついでにアルミボックスと犬箱をセットしてみると・・・ピッタリ収まりホッと一息。
DSC02556.jpg

でけた!

そして、ここからが大切。

強度試験。

実猟を想定し、コーシンとカノにも協力を仰ぎ、気分を高めます。

さて、獲物役はどうしよう。

暇そうにしている痩せ細った獲物で間に合わせます。

ヘイ、カモ~ン!

ちょっと軽過ぎるんだよな~、倍は欲しいな~。
DSC02544.jpg

とりあえず巻き上げ開始。

なんか獲物君、楽しそう。
DSC02546.jpg

注) 本物の獲物はこんな風には吊りません。

巻き上げ能力200kgの手動ウインチも、やぐらクレーンも余裕余裕。

ハイ、積み込み完了!

食べていいよ!
DSC02552.jpg

注) 捕れたての獲物を、こんな風に食べさせることもありません。今日は特別です。

この後、私(78kg)も自分自身でウインチを巻いて、普通に吊れました。

一応、強度試験は合格としましょう。

う~ん、やっぱり屋根を付けたいなぁ。

そうだ!屋根代わりにコンパネを載せておこう。

解体のときはそれを降ろして、まな板代わりに使う・・・一考の余地あり。

何でも一人でやろうとする狩猟は重装備。

しかし、あと数年後は否が応でもその様な状況に追い込まれます。

そんな理由で今季から単独猟を目指す訳ではないのですが、備えあれば憂いなし。

やぐらを組んだことで様々なモノが装着でき、積める様にもなりました。

積載能力は、かなり向上した感じです。

まずは、うまく設置できて一安心。

ワンコたちも、お腹いっぱいになって満足そう。
DSC02555.jpg

さて、実猟でこのクレーンが使い物になるのか?

これを見た猟仲間は何と言うのか?

「石焼き芋屋さん」・・・・・今晩、おたくの家の方を回るから、たくさん買ってね!

「走る物干し台」・・・・・毎朝、これで洗濯物を干しながら通勤してるの。布団もバッチリ!

「移動ジャングルジム」・・・・・駐車しておくと、チビちゃんたちが勝手に遊んじゃう。
                  時々、それに気付かないで発進しちゃうんだよね!

これで、ツッコミの対策はカンペキ?

楽しみ楽しみ。

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

実践

後は、申し越し待って 実践あるのみ。
後2か月すると 猟期が始まれば クレーン 使い放題!
楽しみですね。今年は、カノ どこまでできるか 楽しみです。
クレーン 壊れるぐらい 獲物を取ってください。
捕った獲物を車まで運ぶのには 中古のサーフボードを加工するか 田植え機の船の 利用なども考えてはいかがでしょう。


ではまた。  龍

 龍 | URL | 2018-09-09 (Sun) 10:51 [編集 ]


龍さん

アドバイス、ありがとうございます。
数人で、えっちらおっちら出来ないですもんね。
実際にソリみたいなモノを使っている方を見たことがあります。
この装備は是非ともしておきたいですね。

実はこのクレーンをビッグホーンに装着しているときに
30貫超のドラム缶級を吊ったことがあります。
びくともせず、普通に使用できました。
クレーンが壊れる前に私が壊れそうです。

あっきょ | URL | 2018-09-09 (Sun) 12:41 [編集 ]


しょ、正直に言っていいですか?

よ、夜逃げ…(笑)。

じゃん | URL | 2018-09-11 (Tue) 20:47 [編集 ]


じゃんさん

そのツッコミ対策は考えていたんですよ・・・
って、・・・「しょ、正直・・・」!?
こ、これはじゃんさんの本音だったんだ~!しまった。
じ、実はこれ、猟車ではなくキャンピングカーなんです。
アルミボックスの中はキッチン。
犬箱に見えるモノは寝室。
クレーンのようで本当はシャワー。
ビンボーキャンピングカーと言うことでお願い致します。。。

あっきょ | URL | 2018-09-12 (Wed) 19:53 [編集 ]