fc2ブログ
 

生きもの二人三脚

スゴイ

林業経験ゼロのド素人の私が枝打ちを出来るのだろうか。

それも高さ20mほどの杉の大木を相手に。
SC06246.jpg

猟場ではお馴染みの杉ですが、いつも下から見上げるばかり。

そんな杉の林間を縫っての射撃は頻繁にあります。
SC00626.jpg

もちろん杉に命中しないように十分気を付けていますが、もしも製材加工時に金属探知機が反応したらゴメンナサイ。

私の可能性はゼロではナイはずです。。。

ところで・・・

犬舎移設地の杉の大木を見ていて思うのです。
SC06245.jpg

戦後の林野庁による杉の植林計画と、現在、環境省が管轄している管理捕獲等の施策が似ているなと。

早急なる解決策としてはアリなのかもしれません。

しかし一旦走り出すと止まらない暴走列車が如く。

「これはマズイかも」と気づいた段階でもブレーキが掛からない国の施策。

イノシシを見習ってもらいたいものです。

イノシシは猪突猛進なのは間違いありませんが・・・

「こりゃヤバイ!」と気づくと瞬時に「ピタッ!」と止まったり・・・

「クルッ!」とUターンしたり直角に進行方向を変えたりと凄い。

そう、フットワークが軽くて判断も的確なのです。

なので当時の施策のせいで私は命がけで作業を進めなくてはならず。

両親と猟犬たちの日照を確保するのも楽ではありません。

でも楽しそう♪

昨日も我が家には枝打ちの道具が届きました。

そんな中で凄いのがコレ。
SC06255.jpg

ユーエム工業のシルキーシリーズ、その名も『スゴイ』
SC06253.jpg

大木の枝打ちに特化した この製品。

刃長が360㎜のものを購入。

「こんなのがあると枝打ちがもっと楽しくなるはず!」と、ポチらずにはいられませんでした。

先日もシルキーシリーズのゴム太郎とツルギを購入し、父にはツルギを少し早いクリスマスプレゼントに。
SC06089.jpg

子供のように喜んでくれた父。

剪定鋸で盛り上がれる不思議な親子。

『スゴイ』で更に盛り上がれそう。
SC06257.jpg

メーカー曰く、山で落としても発見しやすいように鞘を黄色にしたとのことですが、これでは発見しやす過ぎ。。。

ゴム太郎が小さく見えますし。
SC06258.jpg

それにしても遅い。

肝心の昇柱器(木登り器)が未だ発送すらされていないのです。

やはり国産品にするべきだったかな。



応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

名前がスゴイ!

いいネーミングですね♪
ポチりたくなるのも分かる気がします(笑)。

枝打ち撃ち打ち消しの文作業、充分気を付けられてくださいね。

じゃん | URL | 2023-12-09 (Sat) 19:00 [編集 ]


じゃんさん

更にこの上に『スゴワザ』なんて強烈バージョンもあります。
刃長420㎜!
そんな需要があるんですね。

枝撃ち。。。いや枝打ち、安全帯グルグルで頑張ります!

あっきょ | URL | 2023-12-09 (Sat) 21:53 [編集 ]