fc2ブログ
 

生きもの二人三脚

猟犬使いの条件

「自分の体重管理すらできぬ者に猟犬を飼う資格は無い」

この強い決意を胸に私は日々の生活を送っています。

・・・・・なんて言ってみたい。

真夏に行った犬舎移設地での伐採や犬舎設置作業で頑張り過ぎた私。
SC05622.jpg

でも知らぬ間に体重が一割も減っていました。

その状態で猟期に入り、猟場での足運びが軽いのなんの。

急な登りもスタスタと。
SC06140.jpg

膝や足首も全く痛くならないし。

『図らずも減量』の効果に驚きすら覚えたのです。

「やはり犬の使い手は、こうでなければ」と、改めて今までの怠惰な生活を反省したのでした。

ところが獲物肉がストックされるにつれ、また違った心境が芽生えだします。

自然の恵みと山の神様への感謝の意を表すためには、まずは酒で清める必要があると思ったわけです。
SC06183.jpg

そこで断っていたビールを再開し、自身を清めることに。。。

また酒税が変わった事も、それを後押し。

台所の隅に銀色に輝く空き缶が並び始めたのです。

すると、どうしたことか。

昨日の職場での健診で、目を疑うような数値が。

それは家に帰り体重計に乗っても同じ。

あと2㎏で元に戻ってしまう。

この一週間ほど階段や急な坂道で感じた体の重さは気のせいではありませんでした。

猟の装備は、何だかんだで7㎏ほどもあります。
04624.jpg
※ネコは含まれません

少なくとも、この分は無しとした減量値を維持しなくては。

ならば・・・

「贅沢は敵だ!」

そして・・・

「猟犬たちからの信頼を裏切るわけにはいかない!」
SC06065.jpg

有言実行がモットーの私。

猟犬たちのために頑張りマッスル。



応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する