fc2ブログ
 

生きもの二人三脚

ケチケチ修理

それにしても悩ましすぎる機械製品の価格設定の妙。

「なんであんなに安い価格で売れるの?」と、心配になる代物もあります。

その一つが自転車。

中でも婦人用自転車の価格設定が凄い。

今までは漠然と自転車価格を見ていましたが・・・

実はあの価格設定が破格である事を改めて思い知った次第。

家内のママチャリを修理しようと部品を買い物カゴに入れたところ、あっと言う間に概算で2万円以上に。

「ある物で工夫して直したら?普通に使えたらそれでいいよ」との家内からの意見に目が覚めて・・・

その半分近くをを陳列棚に戻した私。

それでもコレだけで1万5千円ほど。
SC04154.jpg

定番的なママチャリが買える金額です。

そう考えるとママチャリの完成品は、やはり安い。

10万円で売っていても不思議ではない。

逆に考えると、ママチャリを修理するくらいなら、買い替えた方が断然安上がり。

それは誰もが知るところではありますが、部品を目の当たりにすると尚更です。

でも修理の程度にもよりますが、そんな考え方に抗いたい私。

廃物を利用してでも直したい。

では修理の続きを。
SC04169.jpg

まずは変速機から。

ゴム製のグリップ部は材質に問題があると思われ、経年劣化が著しいのです。

よって丈夫なゴムホースで・・・
SC04170.jpg

チェンジャーグリップ部を作り直します。
SC04168.jpg

滑り止めの突起がピッタリと収まるように、内側は彫刻刀で溝を彫ってあります。

各ワイヤー類は部品を合体させて自作。

リアの反射板はバイク用のリフレクターを拝借。

思いのほか高価なのが前カゴ。
SC04171.jpg

リサイクルします。

これはグラインダーで骨組みだけにして・・・どんな網で補うべきか。
SC04172.jpg

ゴルフ練習用のネットを考えましたが・・・おお、そうか狩野と駿河よ。
SC04175.jpg

100均の網を使うかな。
SC04177.jpg

そして、問題なのはペダルのシャフトとベアリング。
SC04156.jpg

こればかりは代用品は難しいのです。

3日から営業していた近所の自転車屋さんにて頼み込んで探してもらったところ・・・

奇跡的にシャフトを発見!
SC04155.jpg

レアなサイズだったため自転車屋さんもビックリしていました。

「お~っ、あった!」だって。

組付けに当たっては、スプロケ側が逆ネジなので注意が必要。
SC04160.jpg

そうそう、ここは締め付けトルクにも要注意。
SC04161.jpg

と、今日はここまで。

もう猟犬たちの食事時間。

三笠、ちょっと待っててね。
SC04162.jpg

それにしても、何とも複雑な気持ち。

自転車が使い捨てられる理由が良く分かります。

でも、物を大切に使い続ける気持ちは大切にしたい。

・・・・・

だから我が家は古い乗り物ばかりなのかな。

貧乏性な訳ではないのですが。。。




応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する