fc2ブログ
 

生きもの二人三脚

忘れられた隊員

みんな酷いのだ。

昨日の有害鳥獣捕獲で、私が獲物の残滓を処理しに行っている間に・・・

話がまとまっていたみたい。

今日の有害鳥獣捕獲の中止が。

私はてっきり天候との見合いだと思っていました。

そん事なので、集合場所に到着しても誰もいない。
SC00279.jpg

もう集合時間の15分前なのに。

と、そこへもう一人、忘れられた隊員が。

忙しい中を駆け付けてくれた、フレンチシェフのヨッシーさん。

そこでやっと、冒頭の話を確信。

ヨッシーさんは、昨日は参加していなかったのです。

確認すると、連絡漏れのようでした。

「アハハ、こんな事もありますよね」とは心の広いヨッシーさん。

一方、私は「キ~ッ!もう残滓処理になんて行かないもんね!」と心が狭い。

自身の器の小ささを再確認したところで・・・

せっかくなので、ヨッシーさんと狩猟についてアレコレと話を。

気が付くと、2時間近くも・・・しかし、雨はまだポツポツレベル。

「これなら一回戦できたよねぇ」と。

その後、ヨッシーさんはお店の準備に向かい、私はその足で実家へと。

愛車のポルシェで向かいます。。。

で、公共駐車場に到着。。。なんか凄いギャップ。
_0168.jpg

実家に着いて、スグに母の異変に気が付き「あれまぁ」と。

体や顔の所々に虫刺され跡が。

私にとっては馴染の刺され跡・・・いや噛まれ跡か。

孵化したての幼ダニに噛まれた可能性が高い。

早速、例のデルモベート軟膏を塗ります。

マダニが媒介するウイルスによるSFTSも心配です。

そんな母が必至で山中で採って来た物とは・・・

またコレ。
SC00280.jpg

毎日毎日せっせと山に分け入っているようです。

皆様におかれましても・・・

山菜採りに行かれる時は、是非ともダニ忌避剤の散布をして頂きたい。

その際は、足首、袖口、襟ぐりには重点的に「シュッシュ!」と。

マダニは驚くほどに、その生息域を拡大しています。

そして、危険です。




応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おはようございます。

マダニ、山菜取りでもやられるのですね。

もっと山の中に入らないとやられないイメージでしたが、最近はそうではないのですね。

山の方の観光地とか都会の大きな公園とかの森の中もいるのかな~。ちょっと怖いですね。

草の生える茂みに入らなければ大丈夫ですか?

ひまわり | URL | 2022-04-25 (Mon) 06:29 [編集 ]


ひまわりさん

山の生きものの活動範囲には必ずと言っていいほどマダニはいます。
山続きや河原沿いの公園は危険ですね。
本当に油断は禁物です。
そして高齢の方など免疫力の下がった方や、肌の弱い人が噛まれると、時に酷いことにもなってしまいます。
そうですね、茂みには入らない方がいいですね。
とくに幼ダニは草の高い所によじ登り、獲物が接触するのを待っています。
その草に、ひまわりさんが触れると「よし今だ!」とばかりに取り付いて来るのです。。。

あっきょ | URL | 2022-04-25 (Mon) 17:50 [編集 ]


お母様、マダニの餌食になってしまわれたのですね。
しかも顔まで(>_<)
感染症も心配ですし、痒みも辛いですよね。
こちらも同じくマダニの生息域が年々拡大しています。
私も先日、ワラビを採りに行きましたが、
ダニ除けスプレーをシュッシュしまくりです。

pil | URL | 2022-04-26 (Tue) 16:57 [編集 ]


pilさん

ブユ除けのフードが良くなかったみたいです。
フード際から幼ダニが顔に付いてしまったよう。
全く気が抜けませんよね。
ダニ除けスプレーは絶対ですね。

あっきょ | URL | 2022-04-26 (Tue) 21:21 [編集 ]