fc2ブログ
 

生きもの二人三脚

若手ハンターたちの成長

昨日は夕方より猟友会の総会がありました。

支部の全員、事故もなく猟期を楽しめたようです。

また、一番の懸案事項であった次期役員の件についても、会長がそのまま続けて下さるとのことで一安心。

私の頭の中には他の支部や分会との「合併」の二文字があったため、会長には申し訳ないと思いつつ・・・

「そうそう、それでいいの」と、ついつい小声で。

そんなチョットいやらしい会員の私にとって、チョット嬉しい話もありました。

当初、一緒に猟を行う予定だった若手新人の一人が、訳あって他の地域の猟隊に所属することになり、気になっていたのです。

そこで同席していた彼に総会が終わった後、猟期の状況について聞いてみることに。

すると嬉しそうに様々な出来事を話してくれたうえに、ナイスな報告も聞くことができました。

「おぉ、それは良かったねぇ」と私も嬉しくなるような高い捕獲率と猟果だったのです。

手厚く面倒を見てもらっている状況と「すべては親方のおかげです」との言葉にホッとして嬉しくなってしまった私。

「若手新人たちは着実に実力をつけている」

そんな感触に何だか肩の荷が下りたようにも感じたのでした。

私の愛弟子タクさんと力を合わせて、支部を支えてくれる人材に成長して貰いたいものです。

そして、この調子で日曜日から始まる有害鳥獣捕獲でも実績を上げてもらいたい。

そんなことで、今日は犬舎の面々に檄を飛ばし・・・ナデナデ♪

トラ曹長、頼みましたぞ。
SC00107.jpg

マルコ伍長も頑張ってね。
SC00106.jpg

さて、大将の私も気合を入れ直すかな。




応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いよいよ始まりますね、まだ設置場所までの道の切り開きに四苦八苦してますが。
\(//∇//)\
こちらは鹿、猪は罠のみで、銃は止めと鳥の有害のみです。

坪ちゃん | URL | 2022-03-31 (Thu) 20:59 [編集 ]


若手の育成

自分が楽しむために始めた狩猟ですが、最近は特に「次世代ハンターの育成」を考えざるを得ません。
一昔前の「自分が獲れればいい」という考えでは袋小路ですね。

猟犬の血統維持もお役所関係は分かって欲しいかな…。

じゃん | URL | 2022-03-31 (Thu) 23:06 [編集 ]


坪ちゃんさん

また今年もですね。
正直、タメ息が出てしまいます。
でも誰かがやらないと。
今は使命感のみで頑張っています。

あっきょ | URL | 2022-04-01 (Fri) 17:06 [編集 ]


じゃんさん

そうなんですよね、真の狩猟は上辺だけでは終われないんですよね。
これには地域性も大いに関係するとは思いますが。
こちらの地域は中途半端では全く上達は見込めませんし、危険なだけ。
ヤルからには、言われるように次世代の事も考えながら取り組まないと、狩猟を続ける意味がありません。
自分の事だけではダメですよね。

とくに業務に使う猟犬には行政より何らかしらの後押しが欲しいところ。
猟友会自体も虫が良すぎる面もあります。
猟犬が居なくなれば業務も何もなくなってしまうのに。
こんな事も含めて次世代の事を考えておく必要があるのです。
私がウンザリしているのはその辺なんですよね。
お互いに同じ轍を踏まないように頑張りましょうね。

あっきょ | URL | 2022-04-01 (Fri) 17:34 [編集 ]