FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

特許

昨年、息子の夏休みの宿題だった「発明コンクール」への参加。

「特許や特許出願までの流れ」を学ぶための、なかなか面白い宿題です。

発明は学校選考の後に、特許出願を請け負うNPO法人がチェックし、特許庁に出願となるのです。

そこで考えた末に思い付いた息子の発明とは・・・・・「クモの巣巻き取り棒」

なんとも地味なこの発明は「発明」などとは、とても言えない代物。

ただの「棒」

この「発明」と言ったら、おこがまし過ぎるアイデアの元は私。

そう、私に責任があるのです。

今から10年以上昔の話、息子が小さかった頃、割り箸の先にクルクルとクモの巣を巻き取って見せたのが元。

それ以来、幼稚園の行き帰りにクルクル、いつでもどこでもクルクル。

よほど気に入ったのでしょう。

クモの巣が巻き付いて大きくなった頃を見計らって「ハイ、おかあさんプレゼント!わたがし!」と、家内を困らせていたのを思い出します。

こんな、誰でもやったことのある事を「発明」とは・・・・・。

しかし世の中わかりません。

当たり前のことが当たり前すぎて、見過ごされてしまう事があることも。

そこで、特許庁のホームページで調べてみました。

特許出願には何十万円もの費用が掛かるため、そんなおバカな人はいないと思って。

ところが!いらっしゃいました、おバカ(失礼!)なお方が。

しかも電動で!

電気ドリルの先に、長~い金属の棒を付けてあります。

どう考えても大げさ過ぎ。

息子はそこに勝機を見出します。

「シンプル イズ ザ ベスト!」と。

実際に発明品を作って、その写真を添付すると「尚良し」との事でしたので、早速、材料を買いに100均にGO!

「机の上で考えるより、売り場で見て考えた方がいいね!」と、100均の商品を見ながら次々と溢れ出る息子のアイデアに感心する私。

当初考えていたより、だいぶマシなモノが出来上がり、それをコンクール選考書類添付用にパシャパシャと写真を撮ってあげます。
CIMG4967.jpg
(先っぽはこんな感じ。左から伸縮ロッド・スプリング・お箸・フエルト)

CIMG4951.jpg
(スプリングにより曲がりは自由自在。お箸の抜き差しも簡単)

CIMG4982.jpg
(伸縮ロッドを伸ばすと、こんな高いところも。もちろん木に張った巣もOK。ちなみに、伸縮ロッドは100均虫捕り網のモノを使用)

綿菓子
(で、しばらく使うとこんなになって、ゴミ箱にポイ。近い場所は、この先っぽだけでクルクル。家中のクモの巣が消滅)

そして後日「学校で選考されたよ」と、息子からの報告。

特許出願に向けての本格的な書類を、毎日遅くまで学校で作成していたようです。

今年の3月末迄には、NPOより特許庁への出願が終わっているそうなので、さぁどうかな!

目指せ!ドクター中松!

到底無理かな。

「ジャンピングシューズ」にすら及ばない気がするもの。
E381AAE3818BE381BEE381A4-699fc.jpg
いや、勝ったな!

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

発明

儲かりますか?
なかなかのアイデア、ないですか。
「あっきょう棒(蜘蛛の巣)」
特許が取れて、どこかのメーカーが買ってくれればいいのですが、そうなれば蔵が建ちますよ。そのようになるよう願っています。
でわまた。 龍

 龍 | URL | 2018-04-17 (Tue) 10:05 [編集 ]


龍さん

この特許出願は高校生の息子がしております。
よって、もしもの事があれば、息子に権利があるのです。

私は息子のことを「社長」と呼ぶことになるでしょう。

「ちみちみ、真面目に働きたまえよ」と、従業員の私は
高校生にこき使われるのです。

家内制手工業で、来る日も来る日も「クモの巣巻き取り棒」を
作らされるのです。

そうしたら、3セットぐらい買ってくださいね!

それか、いっその事メーカーに権利を譲りますかね。

こんなアホなことを考えているときは、楽しいもんです!


あっきょ | URL | 2018-04-17 (Tue) 17:59 [編集 ]