FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

満身創痍

狩猟で夢中になり過ぎると、いろんなモノがボロボロになります。

今更ながらではありますが、こんなに「狩猟」が厳しくも楽しいものだとは思っていませんでしたし、楽しさを追求すればするほど、こんなに厳しくなるものだとは思っていなかったのです。

ハッキリ言って奥が深すぎ。

「狩猟」を完全にナメテいました。

しかし、この「厳しさ」は、決して逃げ出したくなるモノではなく「絶対に乗り越えてやろう」と思える類のモノ。

全てが、人生においてプラスに作用するであろうことを、予感させるからです。

何だか全て抽象的な表現になってしまっていますが、理由は簡単。

色々とあり過ぎて、書き切れないのです。

「狩猟」という趣味は「狩猟」一つだけではなく、いろんなモノの複合ワザ。

だから面白く底無しなのです。

だから御老体の方々も頑張っているのです。

それは、人間の本能に訴えかける趣味だから、かもしれません。

「良い本能」にも「悪い本能」にも。

ついつい無心になり頑張り過ぎてしまうのは、DNAのせいなのかも。

そのDNAに付き合わされている私の家族や犬たちも、大変なハズ。
DSC00680.jpg
(ヤマにも体中にケガを負わせてしまった。もっと早く駆けつけていれば・・・すまん)

よく見てみると、私以上に皆なボロボロなのかも・・・・・ゴメン。

ああそうだ、力いっぱいボロボロになってしまったモノがある!直さねば。

猟車の軽トラ「キャリイちゃん」

CIMG5124.jpg
クラッチ、セルモーター、車体下の配線類などなど、ダメになってしまった箇所が盛りだくさん。

そして、もう車検だ!家計の窮状に追い打ちを掛けてしまう。

先日、犬たちの予防接種や薬代でけっこう使っちゃったし。

出費のことで、家内との関係もボロボロになりかねない・・・・・。

でも、こんなとき、全てを上手く収めるてくれるのも「狩猟」

美味しいジビエ料理で切り抜けます。

犬たちの上前をはねたイノシシすね肉のシチュー。

コーシンとカノから譲ってもらったイノシシの首骨スペアリブ。
DSC00712.jpg
(ボリューム満点の首骨スペアリブ。お味は最高!のインスタ萎え!)

そして、後ろめたさの無い人用のお肉で料理したイノシシ肉生姜焼き。

美味しいものを食べると人は寛容になれるのです。

ときには、あちらを立てれば、こちらが立たなくなってしまうこともありますが。

DSC00541.jpg
(あれ?コーシンとカノ、なんかイライラしてる)

満身創痍に私たちを「陥らせる」のも、それを「癒してくれる」のも「狩猟」

つまり、人生に「刺激を与えてくれる」のが「狩猟」なのでしょう。

定年退職するまでは、程々にしとくのも「狩猟」と長く付き合う良い方法なのかな。

「マジンガーZ」には、なりたくないもの。

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

狩猟は…

素晴らしき泥沼ですよね(笑)♪

じゃん | URL | 2018-04-16 (Mon) 00:07 [編集 ]


じゃんさん

ほんとですね~底無し沼ですね~。
すごい世界だと思います。

極めることが出来るんだろうか?
そして一緒に歩んでくれる人がいるんだろうか?

行く末は「泣く子も黙る最強猟隊」を結成したいのですが・・・。

そんなことを考えていると、また頑張り過ぎてしまう。

それにしても「自然」「野性」ってたいしたもんですね。
とっても敵いません。







あっきょ | URL | 2018-04-16 (Mon) 20:55 [編集 ]