fc2ブログ
 

生きもの二人三脚

次の猟車を考える

今日の昼休みに整備工場から連絡がありました。

重整備に伴い、やっぱり荷台の物をどかして欲しいと。

荷台にある整備用開口部からでないとアクセスできない箇所も修理をするとの事なのです。
DSC06430.jpg

製造から四半世紀も働き続けた中古のスズキ キャリイ。

そろそろ引導を渡す時が近付いて来たようです。

乗り出し18万円で購入して以来、横転や突然のエンジンストップ、あとは配線ショートトラブルなどがありました。

どれも偶発的な出来事が原因ではありましたが、全体的な経年劣化は否めません。

それにしても、軽トラで考えた場合、スズキというメーカーは絶妙です。

「コストダウン命」の経営方針が、ユーザーでも車体を見れば一目瞭然。

他メーカー車と比較しないと分からない部分も多いのですが、無駄が少ないのです。

しかし、その「無駄」は無駄にあらず。

実際には、そうあるべき重要な部分。

それを分かっているのがダイハツ。

消費者をナメてはいないのです。

そのナメていない分、車両価格が少々お高いのですが。

逆にスズキはその分は安いため、それはそれなのです。

消費者は、どちらを選んでも損はないのでしょう。

ただし、現行車でない古い車両を選ぶ場合は、経年劣化と同様に留意するべき点があります。

それはエンジンの出力特性とギアリング。

ここではオートマ車を除外します。

高回転型エンジンの車種は、一般道を運転している時は気持ちの良いものです。

しかし、猟場内の狭く険しい悪路をゆっくりと走る時は考えもの。

当時、5メーカーがしのぎを削っていた頃のラインナップは多岐に渡りました。

ここでは敢えて「この車両が良い」とは書きませんが、一様の目安はあります。

一般道での発進で、2速で普通に走り出せる性能を有している車種ならば、猟場でも使いやすいでしょう。

1速発進でないと半クラを多用するような特性だと疲れますし、ストレスが溜まります。

グループ猟では先輩方の様々な軽トラを運転する機会がありました。

また、本業とダブルワークで魚市場で10年間アルバイトをしていた時も、軽トラは全メーカーを乗り込みました。

それらを鑑みた上での結論としては・・・

旧型であっても、現在、生産を続けている2メーカーは、いい線をついていると思います。

そんな中、今のオートマ車はどれも使いやすいと感じました。

左手がフリーになるということは、狩猟においては何かと助かりますし。

さて、どうしよう。



今日も仕事を早めに切り上げて、整備工場へと向かいました。
07271.jpg

田んぼの側溝には、タニシがいっぱい・・・よし!
07272.jpg

まずは一旦、猟車で家に戻ることに。
07274.jpg

おっ、ラブライブ号が整備点検中。
07275.jpg

他にも、ラブライブ・イタバスが待機。
07282.jpg

コロナ禍が一段落したら・・・

ファンの皆様におかれましては、また聖地巡礼をよろしくお願い致します。

家では、力自慢の家内が「ドスコイ!」と待機。

手伝ってもらって、狩猟装備を降ろします。
07277.jpg

10分程度で済みました。

ありがとね♪

そして、また整備工場へ。
07280.jpg

軽トラは、やはり田んぼとマッチします。

整備工場では「今度こそ、宜しくお願いします」と。

そして家に帰って、まずはカメたちのご飯。

今日は、ごちそうだよ♪
07284.jpg

さて、お次は猟犬たちのご飯。

静かにしてないと、お預けだよ~ん!



いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

目つき・・・

タニシに迫りくるカメたちの眼差しがすごい。これ、殻ごとばきばき、ですか?

まっちゃん | URL | 2021-06-23 (Wed) 20:13 [編集 ]


うちの班長さんが同じ軽トラでしたが、
山から降りてくる時に、前輪片側がもげたそうです。
数キロ歩いて携帯が繋がるところから
車屋さんにTEL。
修理代見積もりで、次の代のキャリーの中古にされましたよ。

坪ちゃん | URL | 2021-06-23 (Wed) 20:34 [編集 ]


まっちゃんさん

見事なまでの殻バキです。
彼らの主食なんでしょうね。
アメリカ分布のカメなので、外来種のジャンボタニシに方が好きなんですよ。
日本の農業に貢献しているのです。。。

あっきょ | URL | 2021-06-24 (Thu) 18:16 [編集 ]


坪ちゃんさん

キャリイはちゃちなのですが、エンジン出力特性とギアリングが絶妙なのです。
班長さんのお気持ち、察して余りあります。
私も次もキャリイかな。
でも旧規格の今のと同じ年式車両を探すでしょう。
けっこう気に入っています。

あっきょ | URL | 2021-06-24 (Thu) 18:21 [編集 ]