FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

となりのトトロ(野性動物編)

日曜日、実家の両親の様子を見に行ってきました。

風が吹き、落ち葉が一面に敷き詰められているハズの公共駐車場。
05276 (2)

しかし、今年は「ナラ枯れ」により、冬の風物詩「落ち葉」は夏に前倒し。

例年とは異なる、山の中の住宅地なのです。

その異変は別の所にも。

父と母は私を見るなり、開口一番に訴えてきました。

「なんとかして」と。

近所の方々もイノシシの被害に困り果てているようなのです。
05279.jpg

駐車場横の土手が崩されたり・・・
05280.jpg

花壇に植えた球根類が全部食べられたり。
05278.jpg

この住宅地の良いところは、家を建てていない区画が多いこと。

その区画により、山の緑が保たれているのです。

住宅地に住んでいながら山小屋の雰囲気が楽しめると、好評でもありました。

ところがその緑は、いつの間にやら混んだ藪へと変化。
IMG_1118.jpg

イノシシの恰好の寝場となってしまったのです。

よって、土地の所有者と連絡が取れた区画の藪はキレイに刈ってしまいます。

「刈るんじゃー!」とカルンジャーが、ご近所さんと力を合わせて頑張るのです。
05281.jpg

その作業中にイノシシの糞を大量に発見したりと。

そんなこんなで、実家の前の区画は丸坊主に。
05282.jpg

しかし、問題なのは、実家の2軒隣の区画。

土地の所有者と連絡が取れないのです。

なので、今は完全なるイノシシの寝家(寝屋)状態。
IMG_1123.jpg

ここには母子家庭の家族が住んでいます。

お母さんと小学校に入学したくらいの子供さんが3頭。

夜中になると、食事のために家族で外出。

私の両親は、このイノシシ親子のことを「村井さん」と呼んでいます。

そして寝家の隣家の娘さんは、母イノシシのことを「となりのトトロ」と名付け・・・

球根を食べられた憤りを、忘れようとしているのです。

表札の横に寝家の入口があるあたりが泣かせます。
05277.jpg

呼び鈴でも付けてあげたくなるくらい。。。

近隣の方々と、この村井さんとの近所付き合いが今後も気になります。

さて、どうしたものか。

本当の村井さんとは、どうやったら連絡が取れるのだろうか。

そんな話をしながら・・・

縁側で、父の散髪をしてあげました。

勢いの衰えた父の頭髪。

その刈った髪の毛を手に取り、感慨に耽る私なのでした。

いつまでも元気でいてくれよ、オヤジ。



午後からは若犬ミカサの訓練を行う予定だったため、帰宅。

ところがその後、とんだ大迷惑行為を。

嗚呼、、、ごめんなさい・・・




いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



巣ごもり水槽

熱帯魚飼育が下火になって、もう何年になるのだろう。

自然災害に伴う停電により、多くの熱帯魚飼育愛好家が、その趣味から離れてしまったようです。

こちらでも、輪番停電などにより飼育を諦めざるを得なかった人が、私の周りだけでも何人もいました。

私は、その前には魚の飼育をヤメて爬虫類を飼い始めていて、難は逃れましたが・・・
カメ部屋

慌てて、昔ながらの電源のいらない石油ストーブを購入。

ところが今は、狩猟や猟犬でバタバタしだしたため、飼育種類を大幅に減らしました。

そんなことを振り返り・・・

やはり水槽のある部屋、そして「魚との暮らしは良かったな」と、しみじみと思う訳です。

しかし、このところの停電の多さを考えると、熱帯魚は対策を講じてまで飼うガッツが湧いてこない。

よって日本の淡水魚か。

実際、その辺の川で捕ってきた淡水魚でも見応えはありますし、飼って楽しいもの。

なので、また部屋に水槽でも置いてみようかな。



学生の頃は、様々な関係で水族博物館に良く出入りしていました。

また調査船で小笠原諸島などに行ったときは、調査のついでに展示用の魚釣り。

それらを水族博物館や研究室の水槽に入れて観察。
シロダイ
(小笠原捕獲のシロダイ)

下宿でも水槽を置いて、湾内の魚などを飼育。

小学生の頃から続けてきた熱帯魚の繁殖と併せて、水槽が部屋に無いことなどありませんでした。

そんな生活を続けてきたせいか、子供たちも水槽が恋しいようです。

娘は農学部なのに、水産実理研究会なるサークルに入り、魚採集に明け暮れているとのこと。

息子の方も部屋に水槽を置いて、釣ってきた淡水魚を飼いだした様子。
IMG_1161.jpg

私としては、ちょっと嬉しいのです。

一昨年は、夏休みで帰って来る娘を喜ばせようと小魚捕獲に。

近所の用水路にビンドウを仕掛けに行きました。
DSC02057.jpg

玄関に淡水魚水槽を置いて迎えてあげようとのサプライズ作戦。

用水路にはタモロコ、ギンブナ、ドジョウなどが多く、水槽で飼うには持って来い。
DSC02062.jpg

ところが獲れたのはアメリカザリガニのみ。

何回ビンドウを引き上げても、獲れるのはマッカチンばっかり。

仕方がないので、これで迎えてあげました。
DSC02072.jpg

後にカメのエサになったのは言うまでもありませんが。

あの時はコロナ禍なんて夢にも思いませんでした。

しかし、ここに来ての第3波。

子供たちが家に帰って来そうな予感。
05049.jpg

また玄関に水槽を置いて迎えてあげよう。

何を泳がせればいいかな。

淡水ハゼの仲間なんて可愛くていい感じ。

近所の川にたくさん居るし。

ハゼを捕獲するまでは寂しいので、カメでも入れておこう。
05050.jpg

やっぱり水槽はいいな。

コロナ禍の巣ごもりで、室内に水槽を設置するのはアリかも。

水槽の中を気持ち良さそうに泳ぎ回り、餌をついばむ小魚の姿。

その悠々とした自然な姿に癒されることでしょう。

コロナ禍の中、ストレスを解消してくれそうです。
05051.jpg
(スジクビヒメニオイガメのペア)

たとえカメでも。。。







いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

爬虫類の冬支度と100均

狩猟をされる方は生きもの好き。

生きもの好きはエキゾチックアニマルも好き。
DSC00586.jpg

もちろん爬虫類も・・・
DSC07559.jpg

と、勝手に決めつけて・・・怒られそうですが。。。<(_ _)>

実は私、自称「カメ繁殖家」
04003.jpg

海外分布種の子ガメを売って小遣い稼ぎをしている、よこしまな繁殖家。

でもニホンイシガメだけは、研究・調査を行っている専門家の方に助言を頂きながら繁殖放流を続けています。
DSC00639.jpg

その個体群と放流場所は明かせませんが、昨今の豪雨災害を鑑みて、今年は放流を見送りました。

増水した時の河川や湖沼の水位変化を確認したかったからです。

そんなことを考えていたら、今年は寒さが駆け足でやって来そう。

なので爬虫類部屋に全種類のカメを移動させました。

ニホンイシガメは完全冬眠させずに、エサを少量与えながらの越冬です。

この爬虫類部屋は、もはや物置。
04791.jpg

置き場を失った頭骨も仕方なく。
04784.jpg

こんな部屋なので真冬は無加温だと冷え冷え。

よって大切なのではバスキングライト。

ニホンイシガメは皮膚病に掛かりやすいため、定期的に皮膚を乾かした状態が必要とされるのです。

また、冬眠させずに摂餌させるため、消化促進のためにもライトで温めることは大切。

紫外線は特殊蛍光灯で十分。
04794.jpg

問題なのは、先ほどの疑似日光浴のためのバスキングライト。

普通に爬虫類用レフ球を買うと2,000円くらいするのです。

なので家電メーカー品のレフ球で代用していました。

これだと500円くらい。

昨年に試していますが、これで十分だと実感しています。

ところが、どちらにしても寿命は短く・・・「アレ?もう切れたの?」なんてこともしばしば。

ヘビなども飼っているのですが、電球を保温代わりに使うと、より電球が短命に。

ならばコスパで勝負の100均では?

と探してみたら、なんと!
04780.jpg
(以下、器具写真は購入後の写真です)

レフ球が売っているではあ~りませんか🎵
04782.jpg

ただし原価の関係なのかな?売っていたのはE17口金のレフ球のみ。

爬虫類専用品はE26口金の器具が殆どなのです。
04786.jpg

と、目線を横にやると、またまたなんと!

口金変換ソケットアダプターも売っている🎵100均なのに。
04781.jpg

E26>E17タイプが。

100均も日々進化しているんですね🎵 全然知らなかった。

ニコニコ顔でレジに並んで、ハイ会計🎵 お財布に優しぃ~!

さっそく取り付けてみました。
04787.jpg

みんな温かいね🎵
04792.jpg

今年の冬は普通に寒いようですので、これで安心。

100均レフ球よ、ワンシーズンくらいは持ってね。

来春暖かくなったら、成長した順で同じ個体群の生息地にニホンイシガメを放流したいと思います。

さぁ本格的な冬よ、ドンと来い!




いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

小さな庭の小さな命

今日も朝から庭のニホンイシガメたちのお世話。

水替えをしようとバケツに目をやると・・・

おりょ?
04448.jpg

もしや?
04451.jpg

あれ、ヤモリちゃん、おはよう🎵
04449.jpg

大きさからして生後2ヶ月くらい。

バケツに直接落ちたのかな?

ガラスでもヘッチャラでよじ登れるヤモリが、なぜ出られないの?

とも思いましたが。

実はヤモリにも苦手な壁面があるのです。
04457.jpg

材質がポリプロピレンで垂直面に小キズが少ないと、登れないこともあります。

ま容器が新しいと離型剤などが付着したままのこともあり、尚更に登れません。

なのでバケツや角型タライなどは伏せて保管した方がいいかも。

底に落ちたヤモリに気が付かないと・・・可哀そう。

いやいや、申し訳ない。

おそらく、このストックしてある流木がお家だったのかな?
04458.jpg

何となく分かっちゃう。

だって、その下がウンチだらけだもの。
04447.jpg

さあ、お帰り。

ところで、この流木。

通勤路の海岸でせっせと拾ってきたモノです。
DSC03118.jpg

爬虫類ケージのレイアウトに使うために。
DSC01926.jpg

しかし、玄関に置いておいたら家族から邪魔だと。
DSC01924.jpg

よってカーポートの下に挟み込んだわけです。

それが図らずもヤモリのマンションに。

と、今度は壁際のリュウノヒゲの中から・・・・・なんだ?
トカゲの赤ちゃん

今年産まれたニホントカゲの赤ちゃんが。
04459.jpg

ワンコたちのところに行ってはいけないよ。

とくにカノのところへは。

何でも食べちゃうから。

それにしても逞しい。

こんな庭でも・・・

生きものたちは営みを続けられるんだな。

大したものです。




いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

外来生物を捕獲せよ

炎天下の中、今日は外来生物捕獲のために秘密の場所へと行ってきました。

それにしても、暑かった。

まずは、捕獲専用車両に捕獲道具を積み込み、現場へと向かって出発。

しばらく走ると、日本の原風景を思わせる田園地帯に到着。
04276.jpg

よし、ここが良さそうだ。
04273.jpg

この側溝にヤツがいるに違いない。
04274.jpg

流れに目をやると、そこには無数のメダカちゃん。

むむ!コンデジのファインダー越しでは見えない・・・老眼が進行して。

あてずっぽうで撮ってみたら・・・

ギョギョ~ッ! 写ってましたよ~🎵 
04278.jpg

カァ~ワイイ~🎵

さて、メダカちゃんに迷惑が掛からないように・・・

ちょっとギョメンなさいね、で、ピンポイント捕獲開始!

外来生物を発見しては、そ~っと網を入れて・・・

卓越した網捌きで次から次へとゲット。

よ~し、だいぶ獲れたぞ、今日のところは、これくらいにしてやるわい🎵
04275.jpg

「外来生物」なんてちょっと大げさでしたね。ギョメンなさい。

さあ、家路を急ごう。

アメリカザリガニより先に私の方が暑さで参ってしまう。

途中、稲穂がだいぶ大きくなって、垂れさがり始めた田んぼもありました。
04279.jpg

気が付いたら、そんな時季なんですね。

梅雨の間は時間が止まっていたもの。

家に着いて・・・・・

特設水槽にアメリカザリガニを放ちます。
04280.jpg

念のためにドロ抜きをするのです。

今日は、ご馳走だぞ!

各サイズのアメリカザリガニを獲るのがミソなんですね。
04287.jpg

小さいのには小さいの。
04289.jpg

大きいのには大きいの。
04286.jpg

ハイハイ、今は見るだけですよ🎵

この後どうなったのかは、ご想像にお任せします。

まさか「私が食べた」なんて思う方はいないでしょうけれど。

清らかな流れに生息する個体だったら食べてみたいな。



カメは基本的には市販のカメのエサで十分に育ちます。

しかし、成長を増進させたり、シッカリと産卵をさせようと思うのならば・・・

短期間ではあれ、集中的に天然の生き餌を多く与える必要があります。

カメは、それで各スイッチがオンになるんですね。

面白いものです。

また一歩、我が家は「カメカメハウス」へと近付いたのでした。




「ワンワンハウス」か「カメカメハウス」のどっちかにせい!と思う方はポチ!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村