FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

困ったワンな猪犬のアレコレ

昨日、ブログを更新しようとした正にその時、携帯の呼び出し音が。

出てみると、いつもお世話になっている先輩勢子のTさんでした。

Tさんは御年75歳となった今でも山中をスイスイと素早く進まれる現役勢子。
DSC06488.jpg

しかし近頃はさすがに疲れるようで、有害鳥獣捕獲などで私と共猟する時は丸腰。

鉄砲の有る無しが疲労度に大きく影響し出したそうです。

そんなTさんではありますが、猪犬は和犬に拘り続けています。

持ち前の機動力と和犬の特性が上手く噛み合っているとのこと。

私は勉強も兼ねてTさんの遊撃役として一緒に勢子をしていますので、Tさんの犬のことは良く分かっています。
DSC06158.jpg

電話の内容は、その中の1頭が身ごもったと。

お腹が大きくなったのはハナ。

紀州はじめ様々な和犬血筋により作出された猪犬です。

ハナの発情期がもう終わったものと思い込み、引退間近の老犬フユを含めた数頭で猟を行ったそう。
フユハナ
(黒がハナ。その右隣りがフユ)

老犬フユ以外は全てメス犬だったため、お父さんはたぶん。。。

「いつ産まれるの?」と聞いてみたところ・・・

「おそらく今週中」だと。

そして続けて「良かったら、もらってくれない?」と。

・・・・・あぁ、やっぱり。

これで3回目。

1回目はカノが我が家に来たばかりで断りました。
CIMG4998.jpg

2回目はトラのとき。
DSC06790.jpg

そして今回で3回目。

とりあえず「考えさせて」と伝えましたが、困った。

同じ和犬でも我が家の和犬カノと猟芸が異なるため、如何なものかと。

Tさんの犬は咬み傾向の猟芸ではあるものの、カノより2回りほど小さな体格。

ボサ抜けは早いのですが、その小ささがゆえパワーに欠け、イノシシにナメられることも、しばしば。

よってイノシシを避ける犬と、我武者羅に対峙して受傷し続ける犬とに分かれます。

ただし人との協調性は高く、捜索レンジも人に近いため、手返しは良し。

イノシシを起こす位置も必然的に近くなるため、勢子撃ちも多くなります。

つまり単独猟には持って来いなのです。

カノの場合はどの大きさのイノシシにも臆することなくアタックを掛けますが、相手により咬みと鳴きの度合いを大きく変える傾向にあります。
DSC03801.jpg

若犬の頃、大イノシシに何度かフッ飛ばされているため、その辺りは気を付けているのでしょう。

捜索レンジはTさんの犬よりも広いのですが、洋犬並みに鳴いてくれるため、私が対峙現場に近寄るのが楽ちん。

鳴きが弱く、咬み傾向の強いTさんの犬の猟芸とは少し異なり、組ませた場合、それが吉と出るか凶と出るか。

その他には繁殖をさせるかどうかを考えても、譲り受けるべきか、それとも・・・

また、譲り受けるにしてもオスかメスか。

その血筋はメス犬の方が使い良いため、悩みます。

決して悪い血筋ではないと思うのですが、私の好みの猟芸ではないのです。

因みにTさんの犬と、我が家のビープロ血筋の洋犬とは全く足が合いませんし、猟芸も異なります。

ビープロの前に和犬の良さが押し殺されてしまい、ただのやじ馬犬に。
00366.jpg

私とビープロの距離が開いてしまった場合の足元犬には良いのでしょうが・・・

この犬の引き方はビープロを見殺しにする危険性もあります。

欲張ると、ろくなことはありません。

それにイノシシが獲り難くなるだけ。

ビープロのパックには使役しない方が無難です。

Tさんの犬の活躍の場が限定されてしまう。

あ~やっぱり困ったな。



いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



猪犬の雌雄に悩む

今更ながらではありますが、猪犬の雌雄について色々と考えてしまうのです。

猟の使役に関しては、オスもメスも基本的には仕事っぷりに大きな違いはないと感じています。

時にメス犬の方がトータル面で優れているのではないか?と思う場面もありますが。
DSC03404.jpg

総じてメス犬は扱いやすいく、猪犬としての性能が安定しているようにも。

一方、オス犬は何だか分からないことが度々。

早咲きと遅咲きとの差がメス犬よりも極端なように思います。

あれ、コイツはダメかなぁ?などと思っていると・・・突如スイッチオン!

猟欲に目覚めたり、スイッチが入った時の働きは素晴らしい。

そんなオス犬も散見されます。

そしてその逆も。

もちろん、若い頃から素晴らしいオス犬もいますが。

また和犬と洋犬を一緒くたに考えるのは難しいようにも。

その辺りに関しては今後も興味の尽きないところではあり、使役を通して観察していきたいと思います。

我が家の現在の猪犬編制は、有害鳥獣捕獲など、大人数による広い猟場での巻き狩りはビープロ親子で。
05064.jpg

父犬トラはブルテリアの咬み血筋が徐々に前面に。

イノシシの捕獲率が上がってきました。

母犬コーシンも先導犬として相変わらずいい仕事をしてくれます。

そしてオスの若犬たちも両親譲りの気質をシッカリと受け継いでいるようですので、これからが楽しみ。
05103.jpg

何れにしても猪犬パックとしては上手くいきそうです。

問題はメスの和犬カノ。
05040.jpg

単独猟においては、カノの猟芸で今後も楽しみたいと考えています。

適度な鳴きと咬みとを併せ持ち、何しろ使い良い。

コンスタントにイノシシを獲らせてくれるため、この血筋を残したいのです。

しかし、ここで問題が。

飼育環境を考えると、そろそろ飼育頭数が限界。

今後、カノの子を取るにせよ、手元に残せるのは1頭。

するとオスかメスか、それともどちらでも良いのか。

何だか今から悩んでしまうのです。

コーシンの時も悩んでいたら・・・

全部オスでしたが。。。
01062.jpg

と、ブログを綴っていると、携帯が・・・

先輩勢子さんからでした。

「子犬が産まれそうなんだけど、もらってくれる?」と。。。

なんともタイムリー。

どうしましょ。




いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

炭焼きの犬

師匠から注意を受けたことの一つ「炭焼きの犬はダメだぞ」との言葉が、今でも頭の中に強く残っています。

これは、どのような事かと申しますと・・・

猪犬の仕込み、また普段の接し方において「炭焼き」のような扱いはダメ・・・とのことです。

・・・そのまんま。。。

もっと分かりやすく説明させて頂きますと・・・

炭焼き(炭を作っている人)が作業の間、犬を山に放ち、自由に遊ばせておく状態を意味します。

ただし、ここで言う「炭焼き」とは、古い製法の職人のこと。

猟で山に入ると、時々ちょっと凹んだ場所があったりします。

まるで塹壕やトーチカの跡に見えたりも。

「おぉ、戦国時代の山城の跡か!」とか・・・

「日本軍が本土決戦に備えて作ったのか!」と、勝手に歴史を感じるのです。

タツ役の時などは、その中に入って顔だけ出して獲物を狙ったこともあります。

猟をしながらも戦闘気分を味わえるアトラクション的なタツ配置にワクワク♪

でも実際には、それが炭焼きを行った窯跡。

その山中での作業場で、炭が焼けるまでの間の「犬を放ったままの状態」のことなのです。

放たれた犬は、あっちでワンワン、こっちでワンワン。

山の中を好きなように走り回るため、体力や走破力は抜群に仕上がります。

ところが人を頼ることはおろか「人と共猟」との感覚は全く育まれず。

自分勝手に長時間山中を走り回るだけの犬に成り下がる訳です。

つまり猟には使えない犬に。

優秀な血筋ではあっても、残念な犬となってしまうのです。

そのような犬はとても猪犬とは呼べません。

炭は焼かないまでも、そんな訓練をさせている犬を何頭か引いたことがあります。

やはり協調性に欠ける犬が多く、猟どころではナイことが多かったです。

ところで・・・

困っていたことが一つ。

私の職業は普通のサラリーマンで、山中で炭焼きを生業としていないにもかかわらず・・・

炭焼きの犬のようになってしまった若犬ミカサ。
05435.jpg

この原因は私の手抜き仕込みにありますが、元の気質からして自分勝手。

兄弟犬のマルコが訓練された和犬のように使い良い従順な気質なこともあり、油断していました。
05472.jpg

そこで先日紹介させて頂いたように、暇を見つけてはリード訓練などを続けた結果、かなり使い良い犬へと変身。

ミカサは元々が頭の良い犬だったこともあり、スグに理解をしてくれました。

今は胸を撫で下ろしています。

実は先ほどの「残念な犬たち」もメリハリを付けた声掛けと、多少のリード訓練を私が代行して先の猟期中に行った結果、かなり矯正することが出来ました。

でも笑っちゃう。

その後、春先の有害鳥獣捕獲での出来事でした。
01592.jpg
(私はトラと出猟)

広い猟場を勢子3名で犬を掛けた時のことです。

その矯正された犬も飼い主と共に別尾根からスタート。

ところが私の勢子声に反応して、飼い主を置き去りにした矯正犬。

そして私の所に来て「こんにちは!今日もヨロシクね!」ってな感じで目線を送り、コンタクトを。

「それはマズいよ、Gさん(飼い主)の所に戻んなよ~」と追い払っても戻らずに私の近くで捜索続行。

無線でGさんに「戻って来るように声を出してよ」と伝えて呼んでもらうも、矯正犬はそれを無視。

猟が終わって、そのことをGさんに伝えたところ・・・

涙を流して大笑いをしたGさん。

しかし、Gさんの潤んだ眼は笑い涙ではなく、悲しさと悔しさの涙であることを私は見逃しませんでした。

Gさんの事は置いといて・・・

このことからも、指示を出しながら褒めたり叱ったり、そしてリードの引き方で感情を伝える散歩。

そして適切なタイミングでのオヤツ。

あとは、ちゃんとした先導犬と共猟させれば、炭焼きの犬状態の犬でも、矯正できる場合は多いと実感しています。

私はミカサのおかげで、仕込みや接し方のダメパターンを知ることが出来ました。
01429.jpg

何しろ手抜き仕込みは絶対にダメ。

使い良い猪犬以前の問題として、大切な猪犬を失うことにもなり兼ねません。

最後に、飼い主への本当の信頼を猪犬から得るにはどうしたらいいのか。

これは人を育てるのと同じだと感じています。

職場での人間関係にも通ずるような。

職場で私がいい仕事をすると、お偉いさんが褒めてくれて、食事を御馳走してくれたりします。

そして更に私に仕事を任せてくれて、それを信頼の証と感じるのです。

当然私はそのお偉いさんを慕い、一層奮励努力するわけです。

って私が犬♪・・・気持ちが良く分かるんですね。。。

放ったらかしにされるより、互いの信頼のもと、途中経過を確認し合いながら進んだ方が仕事をしやすいのは確か。

人も犬も同じなんでしょうね。



いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

犬とシカ肉

安価なドライドッグフードのおかげで、犬飼育が続けられている私としては、複雑な気持ちです。

やはり、あの価格では納得のいくものは作れないのだろうかと。

かと言って高価なドライフードでは、それなりの良さは確認していますが・・・

お財布がギブアップ。

ドライフードの良し悪しの判断は難しいのです。

オススメな物があれば教えて頂きたいくらい。

その中で、これだけは言えます。

これは間違いない。

シカ肉をドライフードにプラスして与えていると、明らかに良い変化が表れます。
05394.jpg

まずは胃液などを嘔吐する回数が減りますし、糞の状態も良い。

そして何より嬉しいのは、毛艶が変わってくるのです。

それこそ、ツヤツヤと。

なんでだろう。

この状態を確認する限りでも、シカ肉は優秀なエサだと言えるのでしょう。

かれこれ5年間ほど、シカ肉のドライフードへの配合量や・・・

与えたり与えなかったりを月単位で繰り返して観察。

あくまでも「我が家の犬で」になりますが、試すたびに納得の結果が得られていました。

与え方としては・・・

基本的には、シカ肉は茹でるなどして火を通した方がいいでしょう。
05393.jpg

管理面や衛生面で安心ですし、何かと楽ですから。
05396.jpg

鮮度が良ければ生肉で与えても良いのですが、中にはお腹との相性が悪く、吐き戻したり下痢をする犬もいます。

気を付けることは、脂身は取り除くこと。

食べる量にもよりますが、下痢をする犬は多いです。

また、ドライフードへの配合量はドライフードに対して1/3~1/5で十分でしょう。

もちろん、プラスされたシカ肉の分はドライフードを減らします。

プラスαで与えていると、太ってしまいますから。
00555.jpg

愛犬家さんには是非ともオススメのシカ肉。

今は犬のエサ用にシカ肉販売をしている所は多いです。

もっと多くの愛犬家の方々がシカ肉を利用してくれたら・・・

山の生態系バランスを正常に保つためにも一役買ってくれるように思います。

安心安全な肉でもありますしね。



いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

元日の山訓練と怪しい輝き

暮れにトラと猟行したのを最後に、酒池肉林の怠惰な毎日を送っている私。
01602.jpg

これではイカン!と言うことで「若犬の訓練」という名の運動は続けています。
05435.jpg

よって昨日もマルコと山へGO!

家を出て、全速力で走る私を、難なく追い越すマルコ。

でもマルコは走っていない。

長い足をケレケレと素早く動かしているだけで・・・走っていない。

マルコは振り返り、鼻で笑っているようにも。。。

きぃ~! ぐやじ~!

山に着いてからはリードを放ち、今度は走ると思いきや・・・
05472.jpg

マルコは捜索を開始。
05478.jpg

頻りと山の上の方を気にしていますが、私と離れても精々50mほど。

そして下を向いては・・・

「登って来い」と催促をしに戻って来る。
05482.jpg

どうやら訓練を受けているのは私の方かな。
05487.jpg

ハイハイ、登りますよ。

この軽く汗をかく程度の運動は今の私には必要かも。

マルコにはスッカリと絞られてしまいました。

そして・・・

家に戻って足袋に付いたドロを落とします。

フッと目をやると、何だかアンバランスな輝きが・・・あぁそうだ。
05493.jpg

無理を言って30年前の部品を図面から作って頂きました。
05410.jpg

サービス工場と、いすゞ自動車には感謝なのです。
05408.jpg

マフラーエンドは単管パイプみたいだけど。。。
05413.jpg

「意地でも電気自動車には乗らないぞ!」と抗う私には・・・

頼もしい輝きでもありました。

でもこれ、本当に単管パイプっぽいな。。。



いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村