FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

爬虫類部屋に春が来た

寒暖を繰り返しながら、やっと春らしくなってきました。

今日は仕事から帰ると・・・おりょ? なんだ?
01457.jpg

袋の中からは・・・おぉ! タラちゃん🎵
01458.jpg

携帯の着信を見ると、先輩猟師のKさんから。

その場で、お礼の電話を。

ありがたいことです。

やっぱり春ですね。

そう言えば・・・

我が家で飼育している爬虫類たちも、それに合わせてやっと活動的になってきました。

以前は一年を通して25~30℃を保っていた爬虫類部屋。
カメ部屋

ところが、これが思いのほか悩ましかったのです。

夏はいいのですが、冬が大変。

電気代が掛かり過ぎ。

とくに11月~翌3月までは月平均で電気料金が2万円増。

常日頃から「自然環境の保護を」なんて言っておきながら、このエネルギー消費は完全にアウト!

全く以ってエコではないのです。

地球とっても、お財布にとっても。

それに別の問題もあります。

爬虫類の多くは、季節の変化を感じて繁殖タイミングを計っています。

ところが、こんな常夏状態でも、日照時間や室内の微妙な温度変化で、そのタイミングが分かるようです。
CIMG5030.jpg

でも、それは完全なものではありません。

本来の繁殖行動にスイッチを入れられなくなる種類も多いのです。

つまり、産卵はしても無精卵ばかり。

卵すら産まないこともあります。
CIMG5024.jpg

よって、数年前より無加温飼育に切り替えました。

ただし、寒さに弱い種類に関しては、パネルヒーターなどを使用しています。

徐々に慣らせば意外に耐えるものです。

そして、この冬は異常気象のため、上手く冬眠に導くことが出来なかったニホンイシガメ。
01459.jpg

やむを得ず、爬虫類部屋に緊急避難。
00389.jpg

しかし、もうこの気温なら大丈夫でしょう。

では、まず一番に繁殖個体の年長さんを庭のプラ舟に移動。
01461.jpg

今年の6月頃になったら猟場内の秘密の池に、この年長さんを放流する予定です。
DSC05087.jpg

お次は年少さん。
01462.jpg

エサをどんどん食べて大きくなて下さいよ。
01464.jpg

その他の、ハラガケガメ、スジクビヒメニオイガメ、ミシシッピニオイガメなどは、引き続き爬虫類部屋で。

みんな、やっと通常どおりにエサを食べだしました。
DSC01119.jpg

しかし、よくもまぁ数ヶ月も食べなくて平気なもんです。

そのかわり、暖かい間はバカスカ食べるんですけどね。

でも、このメリハリが繁殖成功へのカギなのです。

先日はヘビやトカゲもエサを食べてくれました。

あとは恒温器内のハラガケガメの卵が孵るのを待つのみ。
00143.jpg

5月頃には、こんな感じで子ガメが孵ることでしょう。
ハラガケ赤ちゃん

・・・・・その裏で困ったことも。

今年は子ガメちゃんたちが売れないだろうなぁ・・・

毎年、3万人以上が訪れる「レップショー(爬虫類即売会)」は中止になるでしょう。

お得意様の中国人バイヤー君も、来日できないだろうしなぁ。

日本人のカメマニアさんたちは購買意欲がダダ下がりだろうし・・・

マ、マズイぞ・・・

このままでは家中が、カメだらけワンコだらけになって・・・

カメカメワンワンハウスになってしまう (-_-;)

ど~しよう。。。

あっ、コラッ!

マルコちゃん、ダメ!
01452.jpg

カメが逃げちゃうよ~

そんなこんなで・・・

夕食は、タラの芽の天ぷらを、タラ腹いただきました。
01465.jpg

Kさん、美味しかったです🎵

ごちそうさまでした。



多種多頭飼育崩壊に向かって、まっしぐらだと思う方は「ポチッ!」
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



ニホンイシガメの迷い

「お願いだから冬眠をさせてくれ~」

我が家のニホンイシガメたちの声が聞こえてくるようです。
00385.jpg

この激しい寒暖の繰り返しは、いつまで続くんだろう。

今年の冬は、とくにヘンですね。

いつもならば甲羅の中に手足と頭を引っ込めて、微動だにせず眠っているのに。

この冬は未だにウロウロ。

本格始動の春は、まだ先だというのに・・・

体力の浪費は、命取りともなるため心配してしまいます。

また繁殖をさせる場合は、シッカリと冷えた環境が続かないと無精卵が多くなり、著しく孵化率が下がります。

何れにしてもこ、のままにしておくか、それとも・・・

暖かい環境に移して「冬」を強制終了するか、考えなくてはなりません。

活動するためのエネルギー、つまりエサを与える必要があるからです。

自然の池や川、飼育下でも庭の土を掘って作った池であれば、そのままでも大丈夫。
DSC00434.jpg
(この繁殖池は、今は犬舎スペースとなってしまいました)

そのような環境では水温変化の幅が狭く、気温が急に上がっても、そう簡単には水温は上がりません。

ところが、水槽やプラ舟など土に埋めずに置いたままの状態であったり、水量が少ないと、気温の変化をもろに受けてしまいます。

こんな環境では自然のニホンイシガメは冬眠しません。

体力のある親ガメならば、そのような環境でも簡単には命を落とさないのですが・・・

体力の無い子ガメにとって同環境では、今年のような冬の場合、命取りとなるのです。
CIMG5010.jpg

よって、子ガメは爬虫類部屋でエサを食べながら、安全に冬を越させることにしました。
00389.jpg

00387.jpg

さて、外の親ガメたちは、どうしたものか。

とりあえず、このまま様子を見るしかないかな。

今日なんかは最高気温が20℃になっちゃった。

もう訳が分らん。

ニホンイシガメたちよ、まだ春ではないからね。

無駄なカロリー消費は控えるように。

やっぱり今年はヘンなのだ。

これでいいのだ。

いや、良くない良くない (-_-;)



カメと富裕層と・・・

先日、無事に産卵をしてくれたハラガケガメ。
00143.jpg

このカメは中南米に分布するため、日本では産卵時期がズレてしまうのです。

日本に分布しているニホンイシガメの産卵時期は5~8月ですから。
DSC05759.jpg

ニホンイシガメの場合、土中に産み落とされた卵は約2ヶ月で孵化。

早い時期に生まれた場合は地上でエサを食べ、栄養を貯えて冬眠へ。

遅い時期の場合は、そのまま土中で静かに春が来るのを待ちます。

そんなサイクルがDNAの中には書き込まれているのです。

一方、このハラガケガメは、季節が乾季雨季地域の中で生息してきたカメ。
DSC05493.jpg

日本の四季の中での繁殖は難しいのです。

ところが、なんとか日本の四季の気温変化に順応しようとした結果・・・

分布域における産卵タイミングの気温変化が、なんとなく似ていたのが日本の秋。

よって、晩秋になると、ついつい「ポロッ!」と卵を産んでしまうのです。

でも、そのままでは先ほども書いたように、日本の気温変化で孵化することは困難。

だったら任せてチョ!で、ここからは人間の出番。

恒温器にて孵化させます。

ニホンイシガメのように2ヶ月では孵りませんが・・・

半年後の来年の5月頃には、子ガメたちが元気に孵化してくれることでしょう。
ハラガケ赤ちゃん
毎年、この繰り返し。

そし増え続ける我が家のカメたち・・・・・でもないんですね。

販売してしまいますから。

ところが・・・・・

今年はメインの販売会で売れなかったのです・・・・・(´;ω;`)ウゥゥ

以前は、日本国内のカメマニアさん方が子ガメを購入して下さっていました。

ところが、ここ数年はなんと!

中国人バイヤーさんたちが、私の子ガメちゃんに殺到!

私に似て子ガメちゃんたちが可愛かったからです。
DSC06080.jpg

中国の富裕層の方々の中にも、カメマニアさんが多いようで・・・

やはり、良いカメを見分ける目は、とても厳しくて確か。

そこで、日本の貧困層の私は、そんな彼らの眼鏡にかなうべく・・・

ハイクオリティなハラガケガメの更なる作出のために考えたのでした。

その結果、この高価なプログラミング機能付きの医療用恒温器を手に入れます。
DSC05496.jpg

定価は驚きの15万5千円!

・・・・・を、ヤフオクで1万円ポッキリで落札!ほぼ新品!

いい取引をさせて頂きました。

これを導入してからは、甲羅がキレイで丈夫な個体を多く孵化させられるように。

先ほどの「私に似て可愛い」はウソ♡

ハイクオリティに磨きが掛かり・・・
DSC07177.jpg

もちろん売り上げもアップ。

そこで今年は、更に強気な価格で子ガメを販売することにしたのです。

・・・・・それが敗因。

強気すぎました。

中国人バイヤーさんたちは・・・

「それはちょと高いあるよ。もと安くするのこころ」と、必死。

でも、首を縦に振らなかった私。

富裕層に対する貧困層の意地もありました。

それと、相場の動向を考えての私の判断も。

今年、安く売るよりは、大きく育てて来年の様子を見てから価格を考えようと。

大きく育てば、強気の価格でも有利に働くのです。
カメ部屋

さぁ、カメたちよ、みんな元気でどんどん大きくなって下さいよ🎵





カメの飼育

誰もが飼ったことのあるミドリガメやゼニガメ。
CIMG5010.jpg

金魚、ザリガニ、カブト虫に次いで生きもの飼育の入り口的な存在でした。

そんな私も例に漏れずで家中水槽だらけ。

カメも必ずその中にいました。

どれだけの種類を飼い、そしてどれだけの個体を・・・・・

死なしてしまったことか。

しかし、そんなことが次の飼育の経験的な基礎となり・・・

最終的には繁殖へと繋がっていったのです。
CIMG5181.jpg

今の私があるのも、死んでいった生きものたちのおかげなのです。

その中で分かったことは「毎日の観察に勝るものなし」に尽きるでのしょう。

少しの変化も見逃さないようにして、変化があった場合はすぐに対処。

この判断を誤ったり、少しでも遅れると・・・

手遅れになることも多いのです。

そう考えると、カメ飼育は比較的に簡単。

ただし・・・

「簡単」とは「ただ生かすだけのレベルなら」との注釈が付きます。

カメを本当に状態良く飼育するのは、かなり難しいからです。
CIMG5063.jpg

皮膚、甲羅、成長スピード・バランス、そして繁殖。

これらがすべて上手くいって「真の飼育」と言えるのです。

そのレベルで考えると、私のカメ飼育なんぞは、まだまだお子様ランチ。

カメたちにとっては甚だ迷惑状態。
CIMG5024.jpg

それではいかん!と考えてはいるのですが・・・

私は「真の飼育」を、これからも追い続け・・・・・

カメたちよりも先に死んでいくのでしょう。

カメは超長生きですからね。

よって万が一の時に備えて、私は家族にカメたちのことについてお願いしています。

残された家族としては、飼い続ける選択肢はないようですが。

そんなことを心配しながらも、秋に入って盛んに交尾をするようになってきました。

また来年の夏ごろは子ガメの誕生ラッシュ。
DSC01051.jpg

子ガメたちは、ちゃんと飼えば50年くらいは生きるんだろうな・・・

摂生して長生きしよう!





進化の賜物

今年も続々と孵化するハラガケガメ。
ハラガケ赤ちゃん

待ち遠しい毎日でした。

卵が孵るまでの期間は、なんと半年以上!

子ガメの顔を拝むまでが、とっても長いのです。

ハラガケガメは、主に気候が乾期と雨期で分かれる地域に分布する一属一種の珍しいカメ。
DSC05493.jpg

雨期の終わる頃に卵を産んで、その卵は土の中で半年間、乾期の乾燥に耐えます。

そして雨期が来たら孵化するわけです。

乾期の間に孵化しても、子ガメは干からびてしまうからなんですね。

そんなサイクルが遺伝子の中に書き込まれているカメたち。

地球の様々な変動の中で、その度に順応してきたのです。

ただし、それには何十万年も何百万年もかけて。

改めて「種」を繋ぐことは凄いことだと思いながら赤ちゃんガメを観察し、感慨に耽るのでした。



ところで、このハラガケガメ。

名前の由来はコレ。
ハラガケ

分かりやすくすると、こう言うことですね。
金太郎

なかなか洒落たネーミングです。

成体になっても小型なこともあり、飼育しやすく、カメマニアの間では人気のカメ。

ところが、気性が荒い強烈ファイター。

小さい体で生き抜くために必要な進化が、この「気性」にも表れているのでしょう。

そして大食い。

この体で大きなアメリカザリガニを一匹ペロッと食べてしまいます。

あの強力で大きなハサミもバリバリと噛み砕いて。

一度、指を噛まれてしまったことがあるのですが・・・

痛かったなぁ・・・・・爪が真っ青に。

こんな凶暴な気性のハラガケガメも、子ガメから飼うと人を噛まなくなります。

・・・・・ウソです。

野生個体と何も変わらぬ凶暴ぶり。

しかし、大きな違いが一つ。

孵化した時から飼育下にあると、日本の気候や水に慣れ、とても丈夫な個体となります。

もしも、ハラガケガメを飼いたい!と思われるなら、国内繁殖個体を探しましょう。

・・・・・マニアックすぎる話でごめんなさい <(_ _)>

でも、飼育してみると面白いカメなんですよ。