FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

猟隊戦士カルンジャーの思い

森林の生態系を守るため、そして・・・

農作物被害を無くすために立ち上がった猟隊戦士カルンジャー。

パワードスーツとアーマードベストに身を固め、様々な戦闘具を操り、任務に・・・

任務遂行中はパワードスーツを脱ぎますが。。。

その戦闘具は、刈払機、チェンソー、ノコギリ、鎌、剪定バサミ等の、ほぼ植木屋さん。
猟隊戦士

そう「カルンジャー」の「カル」は「狩る」ではなく「刈る」

町内や猟場の山裾や農地周辺の草刈りをせっせと行い「山の生きもの」との戦線を、山側へと押しやる事をその任務の「主」としています。
DSC06836.jpg

実はこの活動は、私たち若手(相対的)捕獲隊員4人で行う予定でした。

他にはイベント会場や学際などに赴き、ハンター事情や狩猟文化を綴った自作のビラを配ることや、ハンターアピールのために壇上のマイクを握らせて頂くなどの計画を。

そして、それに当たっては「インパクトがあった方がいい」とのことで、4人でパワードスーツを着る予定だったのです。

レッド、グリーン、ブルー、イエローの4色を・・・もちろんアーマードベストを羽織って。

ところが、ここで大きな問題が発生。

カルンジャーグリーンの予定だった隊員は、身長173cm、体重100kg。
グリーン

カルンジャーブルーは、身長182cm、体重100kg。
ブルー2

カルンジャーイエローは、身長168cm、体重110kg。
イエロー

そしてカルンジャーレッドの私は、身長172cm、体重78kg。

身長と体重のデータは、この猟隊戦士カルンジャー活動を発案した1年以上前のモノ。

この数値を維持しているのは私だけ。

他の隊員はもっと悪化している感じ。

捕獲業務で会うたびに、私は彼らのお腹をポンポンと触診。

「赤ちゃん大きくなったね♪」とか「あっ!蹴った♪」とか「双子?」とか・・・

規格外の体型に元からスーツ装着不可能だった彼ら。

そのお腹は、どんどん大きくなっているのです。

つまりパワードスーツは特注品しか受け付けず、その値段は桁違いで高価。

そもそもカッコ悪いし。

よって猟隊戦士カルンジャープロジェクトは、早々に暗礁に乗り上げてしまったのです。

パワードスーツを装着できるカルンジャーはレッドの私だけ。

そのまま1年が経過。

そして・・・

「何とか活動を続けなくては」思っていた矢先のコロナ禍。

これでもう完全に頓挫。

でも、このままではハンターが居なくなってしまうかも。

10年、20年、30年と、先を見据えた活動を続けなくては。

今の子供たちが将来大人になり・・・

イベント会場でのカルンジャーショーを思い出し・・・

「ハンターになってみようかな」などと考えてくれる人が千人に一人でも現れてくれたら嬉しいけれど。

そして・・・

「小さな頃、幼稚園に猟隊戦士カルンジャーなんて猟師のオジサンが来て、面白い話をしてくれたな」なんて、新人ハンターが話してくれたら最高!

その新人君からは・・・

「ところで、あのカルンジャーの猟師さんは、もう亡くなられているんでしょうね」なんて聞かれそう。

それまで私は狩猟を続けていられるかな。
04425.jpg

ねぇ、ウメちゃん。




いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



自然災害と狩猟と救世主

普通に都会で暮らしている方には全く縁のないチェンソー。

しかし、田舎では刈払機と並んで必要になる場合も多いのです。

地方に住んでいる私も生活圏内ではチェンソーなんて全然必要なし。

ところが狩猟を始めて・・・・・でも必要なし。

だったのですが。



ここ10年ほどの気候の激変ぶりには驚くばかり。

とくに、この数年は完全にイカれてる。

豪雨や台風災害により日本国民はコテンパンに。
DSC08588.jpg
(近所の川も氾濫。浸水被害が数百棟も)

それと同じように山中も自然災害に翻弄されて、同じ状態。

狩猟者ならば、皆さんそう実感されていることでしょう。
DSC06644.jpg

地滑りや崩落、そして強風による大量の倒木。

それが場所によっては林道や農道を通センボ。
DSC04816.jpg

農家や山仕事の方々が、その度に倒木を撤去して下さいますが・・・

耕作放棄地の増加や林業の衰退に伴い、手が回らなくなり、廃道同然の山中の道は増えるばかり。

でも我々狩猟者は、そんな道でも分け入らなければならない場合も多いのです。

今までは先輩猟師方が自前チェンソーで整備をしてくれていました。

ところが先ほどのように自然災害の激化で、この2・3年だけでも倒木がかなり目立つようになってきたのです。

そこへ先輩猟師方の相次ぐ引退。

つまり倒木処理が狩猟とセットで次世代にバトンタッチ。

こちらでは、そんな感じになって来ています。

「まいったなぁ」なんて思っていたところに・・・

先日に取り上げた「ナラ枯問題」
04366.jpg

山を何とかしなくては!

なにも山の生きものを捕獲するだけが生態系の保全につながる訳ではありません。

山や森を整備することも重要で、効果的なのです。

微力ながら、それらの事にも貢献できないだろうか。

しかし、私は普通のサラリーマン。

それに生身の人間。

その作業のためのエネルギー放出量、つまりパワーは微々たるもの。

モンスターマシン『スチール 051AV』を手に入れたところで限界があります。
04406.jpg

・・・・・・・・・・

ついに・・・この時が来たか・・・・・

私は『パワードスーツ』を装着。

すると・・・・・

パワードスーツから照射されたベータ線により、私の全身細胞は活性化され増強。

体内に電流が走ったかのような衝撃が・・・

「ウォ~~ッ!」

「ハッ!」と我に返り・・・

アーマード・ベストも装着。

『猟隊戦士カルンジャー』
04417.jpg

どれどれ・・・・・

おぉ、モンスターマシンの重さなど全く感じないぞ!

倒木なんてキュウリの薄切り状態だ!
04428.jpg

と、ここで写真を撮ってくれた娘が一言。

「あのね、お父さん知ってる? イベントで着るからといっても、着ぐるみを被って公共の場に出る時は警察の許可がいる場合もあるんだよ」と。

すかさず私はこう返します。

「大丈夫だ、これはパワードスーツ。 着ぐるみではない」と。

実際には仮装大会なんかでは事前に警察に許可申請をしないとダメですが・・・

私一人だけなら職務質問をされるくらいでしょう。。。

本当は今年のあるイベントで着る予定だったのですが、コロナ禍のせいで中止に。

来年に向けてもっと痩せないとダメかな。

今のままでは「正義の味方」感が今一つなような気がします。

あ~暑かった。




いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村