FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

あれから半年

なんだか随分前の出来事のように思いますが・・・

今年の2月19日のことでした。
00688.jpg

今の猛暑からは想像も出来ないような寒い日に、コーシンが出産を始めたのです。

産まれた子犬は3頭。
出産

550g前後の赤ちゃんたちはコーシンの素晴らしい母性のもと、みんな元気にスクスクと育ち、私は全くの心配いらず。
00870.jpg

3週間目には目が開きました。

ミカサ
00951.jpg

マルコ
00946.jpg

生後1ヶ月では、あちこちポテポテと。
01062.jpg

離乳食も食べだして体重はどんどん増えます。
01154.jpg

ヤンチャにスイッチが入りだした頃かな?
01705.jpg

生後2ヶ月の終わりには茶色の1頭が貰われていきました。
02711.jpg

3ヶ月目に入り一回目の混合ワクチン接種。
03075.jpg

だいぶ体が絞れてきた感じ。
03195.jpg

4ヶ月で2回目の混合ワクチン接種。体重はもう15kg。
03779.jpg

5ヶ月で歯の生え代わりが完了。
04030.jpg

この頃からマルコは、お座り好きに。。。
03935.jpg

連日の雨のウンザリついでに狂犬病ワクチン接種完了。
04044.jpg

長かった梅雨が終わり、6ヶ月目にしてやっと山散歩。
04320.jpg

先日は猛暑により錯乱? 2頭で大暴れして犬小屋はボロボロに。体重は19kg。 
04370.jpg

何だかバタバタの半年でした。

生後2ヶ月くらいまでは、母犬コーシンに子犬たちの面倒を任せっきり。

そして乳離れしてからは私がバトンタッチ。

そこからが大変でしたが、楽しく癒される毎日でした。

これからは山中訓練も始めるため、さらに忙しくなります。

楽しくも一喜一憂する日々が続くことでしょう。

でも、ここからが本当に面白いところ。

「狩猟を始めて良かった」 「猟犬訓練って楽しい」

そして・・・

「猟犬って素晴らしい!」と、狩猟の醍醐味を味わう日々となることでしょう。

「ミカサ」「マルコ」これからもヨロシクね。



追記)
コーシンの出産にあたりまして、応援を下さった方々には感謝の言葉しかありません。
本当にありがとうございました。
私にとりましても、大いなる励みとなりました。
皆様の応援があっての今だと感じております。
これからも子犬たちの成長を楽しみにしていて下さい!
もう若犬かな?


いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



思わぬ展開

先週末と同様に今週末も酷い雨。

今日は仕事が休みだったのですが、念のために職場の設備点検に行ってきました。

排水ポンプの作動確認など、あちこちをチェック。
04020.jpg

工務係と電気係に定期的な確認を再度指示して帰宅をすることに。

途中、川を見てみると、かなりの高水位。
04021.jpg

油断はできません。

何事も起こらないことを祈るばかりです。

そんな我が家では子犬たちが心配。
03932.jpg

私の不手際から、先週は子犬たちに辛い思いをさせてしまいました。

しかし、今週こそは届くであろうと思っていた犬小屋は、まだ。

ダメ元ついでに、またメールを確認。

すると、なんと!

昨日の日付で出荷完了のメールが来ているではあ~りませんか🎵

良かった、忘れられていなかった。。。

で、届きました。やっと。
04022.jpg

早速、組み立ててみます。

作業工程はカラーボックス並みの簡単さ。

あっと言う間に出来上がりました。

意外と大きいな。

ウメちゃんのお家じゃないからね。
04027.jpg

作りはそれなりですが、見た目はなかなかに良く出来ています。

しかし、ここで問題が。

じゃんさんから「注意をするように」とアドバイスを頂いた通り。

隠しクギがいたる所に打ち込んであります。
04024.jpg

犬小屋をハムスターが如くカジることを、半ば日課としている子犬たち。

この隠しクギで口を怪我したら大変。

ましてや、今はまだ歯が生え変わる前の生後4ヶ月と少し。

口の中には、チビチビだった頃の小さな歯が申し訳程度に生えているだけ。
01317.jpg

今の口は、ほぼほぼ歯グキのグーキーちゃん。
03951.jpg

隠しクギで怪我をするのは必至です。

ならば犬小屋をバラバラに分解して、安全な工法で組み立て直すかな。

そんなことを考えていたら、名案が「ビビビ~ッ!」と。

「ひょっとすると自分は天才なんじゃないか?」と思ってしまったわけです。

今はカジることを全くしなくなったカノ。

このお利口さんになったカノに新築犬小屋を使って貰うのです。
04029.jpg

そして、カノが使っていた安全対策万全の自作犬小屋をグーキーズに。

「なんだ、そんなの誰でも思い付くわい」なんて言わないで下さいね。

ただでさえ頭の固い私は、年を重ねるごとに更にカッチカチに。

そんな私にとっては、きわめて柔軟性に富んだ画期的な発想なのです。

この程度のことで、ここまで大げさに言うということは・・・

普段がどんなレベルなのか、推して知るべし。

それに物忘れだって酷くなってきました。

猟場に向かう途中に忘れ物が無いかを確認。

「弾よし! 無線機よし! 猟犬用GPSよし! ・・・あれ、なんか寂しい」と、猟車をストップ。

肝心の猟犬を積むのを忘れちゃったんですね。
03456.jpg

勢子なのに。

慌てて家に引き返したのでした。

年は取りたくないですね。

やだやだ。

ところで・・・

カノの犬小屋も、出産と子育てを想定して、かなり大きめに作っていました。

よってミカサとマルコが2頭入っても、今の大きさでは、横殴りの雨でも濡れることは無いハズ。
04030.jpg

でも、冬に備えてもう一つ犬小屋を用意しておきたいところです。

今から注文しておけば、冬には間に合うでしょうから。。。
イヤミー
ちょっとイヤミ~だったざんす!




いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

ムスカな日

「あぁぁ、目がぁ~目がぁ~!」

様々な体色の猟犬たちが入り乱れてじゃれ合う姿。
03725.jpg

チラチラして目が眩んでしまいました・・・ちょっと大げさだったかな。

向かいに住むピアノの先生がこの様子を見て一言。

「いったい何頭になったの?どの子が何て名前だったか分かんなくなっちゃった」と。
03754.jpg

「私もです」と真面目に答える私。

「あれ?チビちゃんたち、こんなに大きくなったの?」と、先生。

「そう、3ヶ月半で、もうコレ」

驚いた顔で先生は向かいの家へと帰っていきました。

そう言えば・・・

近ごろコーシン母さんがミカサとマルコを持て余し気味。

子犬たちのヤンチャぶりが少し鬱陶しくなってきたようなのです。

よって、今日より親離れ訓練を開始。

すると・・・・・

「ワン!ワン!(ミカサ)」 「ピ~!ピ~!(マルコ)」と鳴き続ける2頭。
03770.jpg

これではご近所迷惑。

仕方がないので叱ります。

「うるさい 静かに」

それでもダメ・・・・・で、もう一言。

「君たちも男なら、聞き分けたまえ」と。

しばらくすると諦めたのか?大人しくなりました。
03705.jpg

03703.jpg

それでも何だか不安みたい。

体は大きくなったけど、心はお子様ランチのまま。
03779.jpg

「気」を紛らわせるために「木」を犬舎内に放り込んでみました・・・シャレで。

ところが今日は全然興味を示さない・・・これではまるで・・・
03789.jpg

「見ろ!! 剪定した木がゴミのようだ!」

しかもそこには、すでにビッグベンが。

ちょっとユルイ感じだし。。。((((;゚Д゚)))))))

早く取り除かないと大変だ!

夕飯は少し食事量を減らすかな。

それにしてもマルコは人懐っこいな。
03685.jpg

「君のアップ顔には、心底癒される」

気が付くと今日は朝から何だかムスカだな。

そして庭の傍らに目をやると・・・
03785.jpg

今は動かなくなったロボット兵が、寂しそうにこちらを見つめていました。。。

さて、貴重な有給休暇日ですから・・・

早く両親のところへ行かなくちゃ。
03755.jpg

ニホンイシガメたちが見送ってくれました。



いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

生後3ヶ月になった子犬たち

猪犬コーシンの愛情溢れる母の姿に感心しつつ、子犬たちの愛くるしさに癒され続けたこの3ヶ月。

近頃はその愛情が次のステップへと一段アップしたようです。

愛情に「愛のムチ」がプラスした感じ。

それはコーシン母さんだけではなく・・・
03342.jpg

トラ父さんも一緒。
03358.jpg

思いのほか厳しいのです。

自分(親犬)たちとの距離感や遊び方、食事のマナーなどの躾に妥協はありません。

時々「キャイ~ン!(ごめんなさ~い!)」と響き渡る子犬の鳴き声。

ところが子犬たちは萎縮すること無く、より一層親犬たちを慕い、お行儀の良いイイ子へと変わっていくのです。

その叱るタイミングやメリハリが絶妙なのかも。

おそらく人間も同じなんだろうなぁ・・・と。

小さな頃からの躾や育て方が、その子の一生を左右すると言っても過言ではないのでしょう。



さて、産まれた時は500g前後だった子犬たち。

3ヶ月経った今では・・・

ミカサが12kg。
03336.jpg

マルコが11kg弱。
03303.jpg

母犬コーシンも完全に元の体重・体型に戻りました。
02911.jpg

いつでも猟に復帰できる状態です。

先週は子犬たちに1回目の混合ワクチン注射を済ませ、来月からはフィラリア症予防も始めます。

それとは別に、懸念していたご近所さんへの騒音による迷惑も・・・

今のところは大丈夫でしょう・・・たぶん。

子犬たちは「うるさい」で鳴くのをヤメますし・・・

「まて」で食事を我慢できるようにもなりました。

もちろん「来い」でスッ飛んで来ますので、2回目のワクチン注射が済んだら少し山に慣れさせようと思います。

「来い」で帰って来なかったら面倒ですから。

やはり犬に躾をするときは、単独にして一対一でないと厳しいと感じています。

少なくとも私には無理なようです。

今のうちに躾をより確実なものとするための方策を練らねば。

「躾」が猟犬の命を守り、猟犬事故を減らすためにも一番大切だと実感する中・・・

躾がシッカリと出来る環境を整えておきたいのです。

そのためには親犬たちや先輩犬の手助けも大切。
03382.jpg

日常の躾や猟犬としての仕込において、先導犬としての親犬の役割は大きいと思われます。

それらを踏まえた上で、単独飼育にも対応できる犬舎改造を行うときが来たようです。

コロナの影響で暇になってしまった今だからこそ!

なんて気合を入れている場合ではないけれど。。。

ここはイッチョ真面目に考えるかな。

しかし頭の中の犬舎設計図は・・・・・

居住スペースの周りを、猟犬犬舎がぐるりと囲む要塞屋敷。

番犬君が2頭増えたからそれも止む無しか。。。
03138.jpg

それに発情期のことも考えておかないと・・・

躾の限界や壁にぶつかりそうな気がします。

それとも、お行儀の良いカノをお座敷犬にするかな。
03370.jpg

これから先、4、5、6ヶ月・・・と続く中で・・・

どの辺で私が悲鳴を上げるのか・・・

意外と早い段階のような気がします。。。(-_-;)



いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

意地悪な飼い主

千載一遇のチャンスを逃してしまいました。

救急車が家の横を通り、ドップラー効果と共に走り去って行き・・・

その間、我が家のワンコたちは大合唱。

それが混声3部合唱から混声5部合唱へ。

なんと!

あのチビちゃんたちも一緒になって「ワオ~ン!」なんてやっているのです。

慌ててコンデジを持ち出して、その光景を撮影しようと思ったのですが・・・・・

最後まで鳴いていたのはコーシン母さんだけ。
03171.jpg

恥ずかしいからヤメなさい。。。

ご近所さんたちも笑っていることでしょう。
03157.jpg

ところで・・・

昨今の室内犬ブームで、我が家の周りにも小型犬を飼うお宅が増えてきました。

チワワ、ミニチュアダックス、豆柴、シェルティー、フレンチブルドッグ、ビーグル等々。

我が家の周りだけでも軽く20頭はいます。

それが入れ替わり立ち替わりで、お散歩。

そして威嚇してくるお散歩犬がいようものなら、我が家のワンコたちは大騒ぎ。

よって、私は都度「いけない! お友達!」と叱り、飼い主の方に笑顔で謝ります。

そして飼い主さんと、しばしの談笑。

「豆柴ちゃんは何て言うお名前ですか?」

「麦ちゃんですか・・・可愛い名前ですね」なんて。
IMG_0336.jpg

すると、豆柴の飼い主さんは・・・

「お宅のワンちゃんは何て種類ですか?」と質問をされます。

私は「雑種です」と答え・・・
03155.jpg

続けて「現役の猟犬で、これでイノシシやシカを捕るんですよ」と。

目が点になった飼い主さん。

そして更に続けて・・・

「同じくらいの大きさの獲物だったら『ガブリ』とやっちゃいます」と、付け加えます。
03148.jpg

意図的に。

飼い主さんは青ざめた顔でお帰りになられます。

これと同じようなパターンで、チワワの飼い主さんとシェルティーの飼い主さんにも我が家のワンコの素性を明かしました。

そうしたところ・・・・・

噂が一気に広まったようで、我が家の横を犬散歩で通る飼い主さんが激減。

私の作戦通り。

中には挨拶すら・・・

してくれなくなった飼い主さんもいます。

でも、これでいいのです。

小型犬たちの命を守るためにも。

「仕方が無い」と、自分に言い聞かせています。

それにしても、この飼い主さんたちの躾けは如何なものかと。

「ワンワン!」「キャンキャン!」と、大騒ぎをさせながら散歩をさせているのです。

そうなると、ケンカを売られたと感じた我が家のワンコたちは烈火のごとく怒り、吠えてしまいます。

もちろん、厳しく叱りつけますが・・・キリがない。

突発的、偶発的な事故を恐れる私としては、たまらなく不安になるのです。

ところが・・・

そんな飼い主さんばかりではないことに救われたりもします。

躾がシッカリとされたミニチュアダックスと、その飼い主さん。

我が家のコーシンは、その2人?と大の仲良し。

よって、その飼い主さんと私も親しい間柄。

この方はとても理解のある方なのです。

「犬というものは自分の縄張りを守ろうとするもの。散歩中には穏やかでも、家に入ると攻撃的になるのは仕方が無い」と。

「だから、お宅のワンちゃんたちが鳴くことを、そんなに気にしなくてもいいんですよ」と、慰めて下さいます。

そして続けて、こうも。

「大騒ぎで威嚇鳴きをさせながら散歩をさせているような人たちは、飼い主として最低ですよ」とも。

この方は昔、動物園の飼育員をされていたとのこと。

犬の飼育についても教えて頂くことが多いのです。
03165.jpg

大騒ぎをさせながら注意もせずに犬散歩をさせているような飼い主。

そんな方が猟犬の気質を知る由も無いのは分かります。

また、この極めて対照的な犬種間での調和は、難しい場合も多いと実感している毎日。

「意地悪」とも取れるこのやり方が、大いに間違っているのは十分に承知しています。

しかし、先ほども書いたように小型犬たちの命を守ることが最優先。

我が家のワンコへの躾も限界があります。

お互いにトラブルを避けたければ、躾をシッカリとするか、距離を保つか。

コンセンサスが取れていれば、それで回避できます。

しかし、そうでない以上は、これも止む無し。

「あの家は猛犬ハウスだ」なんて噂もアリでしょう。

そうではない事を、分かって下さっているご近所さんが多いわけですし。

それにしてもミカサの手はデカいな。
03167.jpg

「デカい!」と思ったコーシン母さんよりもデカい。

生後2ヶ月半なのに。
03168.jpg

今日の救急車の時の鳴き声も、いい響きだったなぁ。

真の猛犬ハウスになる日も・・・

ところで昔、よく目にした「猛犬注意!」なんてシールは、まだ売っているのかな?



いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村