fc2ブログ
 

生きもの二人三脚

やっと一息

毎日が朝から晩までバタバタだった、この2ヶ月間。

母犬カノと同じくらいに、私がピリピリしていたように思います。

「絶対に、この7頭の子犬たちを健康に育て上げてみせる! 母犬カノと二人三脚だ!」と。
SC00988.jpg

『生きもの好き魂』に火が着いていたのです。

一日の睡眠時間は3時間+1時間。

1時間は職場で寝ていました。。。ホント。

そして、母子ともに何事もなく2ヶ月間が過ぎていったのです。

家族も快く全面的に協力してくれました。
SC00985.jpg

そんな家族には感謝の言葉しかありません。

今更ながらではありますが・・・「ありがとう!」

あっと言う間だったような・・・とても長かったような。

この二段階目の区切りで、私の大半は燃え尽きてしまいました。

因みに一段階目は、雌犬カノと雄犬ユキカゼをゴールインさせて、子犬が産まれるまで。
DSC09950.jpg

しかし、こんな泣き言を言っている場合ではない。

ここからは『生きもの好きモード』を、補助パワーで『猟師モード』に切り替えて、子犬たちの躾を始めなくては。

その前に・・・

補助パワーを作動させるための燃料補給が必要だ。

幸いにして今は盆休み中。

朝からの給油が可能となります。

早朝から剪定を頑張ったし! 家内は仕事に行っちゃったし♪

うっほ~♪冷え冷え♪
SC01989.jpg

缶から直接飲むのもイイもんです♪

よしっ!力がみなぎってきたぞ!パワーが戻ってきた!

このくらいでないと、子犬たちのパワーに負けてしまうのです。

いや、パワーとするよりも「圧」と表すべきか。。。

7頭、全員集合!の時の高圧状態。
SC01758.jpg

とにかくこの時の「圧」が一番強烈。

私の短パンに全頭が食らいつき、ぶら下がったり引っ張ったりで、短パンが脱げてしまった事が度々ありました。

そんな中、先々週にモモちゃんが三重県に里帰りして6頭に。
SC01765.jpg

これで、思いのほか圧力が低下・・・これでも。
SC01793.jpg

そして先日は、じゃんさんと若き勢子さんのところへ3頭。
SC01866.jpg

我が家には3頭が残り、これまた圧力低下。

「3頭なら余裕だな」と。

しかし、世の中そんなに甘くはない。

残った3頭はパワーが有り余っている御様子。
SC01942.jpg

戦う相手が減ったため、パワーが温存されいるのです。

とにかく何かを噛みたい!咬みたい!食いちぎりたい!

じゃんさん家の「いとちゃん」が愛用していたタオル・サンドバッグも一瞬でボロボロ。
SC01983.jpg

二日前まではタオルの原形を留めていたのに。

いとちゃんは、いつもこれで自主トレをしていたのです。

咬みついて、グイグイと引っ張って。

ナゼか・・・いとちゃんが・・・いつも。

おそらくは「ダメ~これ。アタチの~!」と独占していたものと思われます。

そんな場面を何度か観察しましたから。

「やっと練習ができる♪」

残された3頭の思いが一瞬でタオルをあんな姿にしてしまたのでしょう。
SC01922.jpg

でも、今はホッと一息ついている状態です。

「なんとか大役を果たせた」 「カノが育てぬいてくれた」

私は、そんな思いでいるのです。

カノ・・・
SC01987.jpg

ありがとね。頑張ったね。

ここからは父ちゃんが猟師モードで頑張るからね。

さぁ、燃料を買いに行こう♪




応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



職人魂と豚骨ラーメン

マルタイの自信作『職人 稗田の博多豚骨拉麺』
SC01898.jpg

以前、福岡に赴任していた私としては、とても気になる一品でもあります。

また、イノシシ骨を使ったスープ作りに挑戦中の身としても然り。
DSC09469.jpg

因みに、その中身はと言いますと、至ってシンプル。

麺とスープの素が、それぞれ2人前入っています。
SC01903.jpg

作り方も簡単。

湯切りなどの必要がない、いわゆる袋ラーメンの作り方と同じタイプ。

おまけに茹で時間は通常で90秒。

驚くほどに早く簡単に食すことが出来るのです。

これはポイントが高い。

ならば私としても、職人 稗田氏の熱意に敬意をもって臨まねば。

40年もの間、ラーメン研究一筋でマルタイの味と品質を守ってこられたのですから。

せめて、チャーシューくらいは自分で作ろう。

では・・・

今回は猟期中に獲れたイノシシの肩肉でチャーシューを作ることに。

いつものごとく金串で肉全面を刺して、味が染み込みやすい状態とします。
SC01885.jpg

次に、肉表面に三温糖とコショウを摺り込みます。
SC01886.jpg

そうしたら型崩れ防止のために、タコ糸やネットで肉締め。
SC01887.jpg

あとは秘伝の漬けダレで煮込むだけ。

醤油3、酒1、水2の割合で混ぜたタレに、三温糖を少し混ぜて軽く甘みを。
SC01888.jpg

このタレは5回ほど使ったため、旨みバランスの良さも抜群!

玉子かけご飯のタレに使用しても良く合います。

で、煮込み始めたものの、イノシシ肉が大き過ぎて動かせなくなったため、鍋をチェンジ。

肉に熱が入ると縦方向に縮む分、横方向に膨らむため、鍋の中でギュウギュウに。

これでは回転させられませんし、味の染みも宜しくない。

この鍋なら大丈夫。
SC01889.jpg

ここから2時間煮込んで、火を止めます。

煮込み時間は、大きさや肉質により都度2~3時間の間で調整。

あとは冷めるまで鍋の中に。

タレに漬けたまま放置します。
SC01890.jpg

冷めたら冷蔵庫で一晩寝かせて、肉を固めると同時に味の安定化。

薄く型崩れしないようにカットするためにも必要な工程です。

ではカット。
SC01991.jpg

『稗田の博多豚骨拉麵』の完成!
SC02001.jpg

あまりにスピーディーに完成してしまうため、途中経過を撮影している暇がありませんでした。

それに、バリカタで早く食べたかったため(麺茹で20秒)。

と言うことで・・・

室内は一瞬で屋台の香りに包まれます。

博多に居た頃の思い出が蘇ってくる、懐かしい本場の豚骨ラーメン。

そして、職人魂を感じる豚骨ラーメン。

この豚骨ラーメンは病みつきになります。

旨い!




応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

目から鱗の狩猟ベスト

今まで、狩猟ベストのことを殆ど考えてこなかった私。

お気に入りの狩猟用品メーカーの狩猟ベストを注文しようと、何度か問い合わせたことはありますが・・・

欲しい物はいつも在庫切れ。

私の体型は一番の売れ筋どころ・・・だからか。

でも、考えてみれば当たり前。

猟期直前や猟期中に注文をしようと、問い合わせた私が間違っている。

狩猟ベストは、物によってはスキーウエアのように季節商品的な扱いなのかもしれません。

メーカーが製造元にロット発注して売切れたら、そのシーズンはオシマイ。

そんな感じの商品もあるのです。

よって旧タイプの猟友会ベストと・・・
CIMG5223.jpg

インナーベストとして、田上商店の廃番品を今までに使用したのみ。
CIMG5226.jpg

田上商店のこのタイプは、今はオレンジ色のタイプが売られているようです。

色の違いが主だと思われますので、きっと良い商品なハズ。
124750434_th.jpg

しかし、これも早めに買わないと、また売れ筋サイズが無くなってしまうのかな?

で、今年こそは早めに手を打とうと考えていたところ・・・

先日、猟犬師匠の龍さんより狩猟ベストを色々と頂いてしまいました。
SC01896.jpg

ありがたいことです。

中でも目を引いたのが、このトップシューターの狩猟ベスト。

実にカッコイイ。
SC01892.jpg

それに、作りが驚くほどシッカリとしている。

これに比べれば、猟友会ベストなどは不織布レベル。。。言い過ぎか。

イヤそんなことはナイ。

修理をしていなければ・・・
03990.jpg

今頃は、貧ぼっちゃまのスーツと同じ状態。

枝や棘の引っ掛かりに弱いし、あとはメッシュ柵などでは「ビリ~!」っとイチコロの猟友会ベスト。

とにかく私の猟友会ベストはボロボロで貧乏クサイ。

貧乏だから仕方がナイけれど。

しかし、もう今までの私ではナイ!

「このトップシューターの文字が目に入らぬか~!」と皆に自慢しよう。
SC01895.jpg

「オマエ、商品名に完全に負けてるな」なんて、3人くらいから言われそうだけど。

それにしても、付属品のポーチがこれまたナイスな作り。
SC01897.jpg

生地やファスナーの材質や質感も素晴らしい。

また、携帯したい物が増えれば、ポーチを増やせばいいだけ。

100均のポーチも使えるかな?

とりあえず、家にあった娘のポーチを当てがってみると・・・

オシャレ♪
SC01893.jpg

でも・・・「狩猟をナメてるのか!」と怒られる前に・・・

色的に危ないな。

たとえ黄色やオレンジ色のポーチでも、純正品のポーチの堅牢さには遠く及ばないし。

ちょっと高そうだけど、別売りの純正ポーチを取り付けた方が間違いないでしょう。

それが、この製品の売りなのですから。

他とは違ったトップシューター狩猟ベストを使ってみたくて仕方がない私。

次の猟期が楽しみでなりません。



応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

幸せへの第一歩

あらら、あんなところに捨て犬が。。。
SC01828.jpg

と、勘違いされそうな場所にドッコイショ。

皆さんの迷惑にならないところに置かさせて貰います。

チビちゃんでも、さすがに3頭もいると、かなりの重さ。

それにケージが大きくて持ちにくいし。

まずは搭乗手続きを済ませます。

肝心の子犬たちの手続きも。

荷物受付担当の女性が、とても親切そうな方だったので・・・

ささやかなお願いをしてみます。

「3頭分のSサイズのクレートを予約していたけれど、Lサイズに全頭入れた方が子犬が落ち着く」との旨を伝えます。

すると快く了承してくれて、奥からLサイズのクレートを持って来て下さいました。

「これに入りますかね?」と。

「全然入っちゃう♪」と私。

搭乗手続き中の皆さんが見守る中、私はズンズン子犬たちをクレートに移します。
SC01830.jpg

したがいまして、輸送費が安くなったうえに、子犬たちの鳴き叫ぶ声を聴かずに済みました。

受付担当の方の御好意には、本当に感謝の言葉しかありません。

では、乗り込みましょう。
SC01833.jpg

ここからは・・・

カッコ内は、私の心の声となりますことをご了承ください。

「な、なんという急加速!」
SC01842.jpg

「これでは子犬たちがケージ内で団子状態になって、後方に押し付けられてしまう!」

「お願いだから、もっと優しく加速して~!」

「と思ったら、ジェットコースターのような急旋回!子犬たちが酔ってしまう!」
SC01843.jpg

「いつになったら富士山が見えるのだ。せっかく富士山が見える席を取ったのに」
SC01850.jpg

「あっ、そういえば静岡空港から西に向かってるんだ・・・羽田じゃなかった」

「見えるわけないよね・・・オレって、やっぱりバカだ」

「おっ、美味しそう。頂きま~す♪」
SC01849.jpg

「もう、到着するのかぁ。 さすが♪飛行機は速いなぁ」
SC01858.jpg

「これなら子犬たちも許してくれるかな」

「って、なんて急ブレーキなの!今度は前方で子犬たちが団子状態になってるハズ!」
SC01862.jpg

「もっとブレーキを緩めて!ジェットエンジンの逆噴射禁止!」

「大丈夫かなぁ子犬たち。 あっ、出てきた出てきた」
SC01864.jpg

「それにしても大きなクレート」
SC01866.jpg

「さすがは係員さん。優しく置いてくれた♪ありがとうございます♪」

「なんと!女性係員さんが運んで来て下さるとは!」

「おお、なんとも重そう。 拙者が持つでござる!」
SC01867.jpg

「かたじけない」

「おお、じゃんさん!お待たせ~!」

「子犬たちを、お願いします!」

ここから先は『食料捕獲作戦!』でお願いします。

じゃんさんに別れを告げて、私はUターン。

帰りは黄色い機体。
SC01876.jpg

午後2時過ぎには家に到着。

子犬たちの今後の成長報告が楽しみでなりません。




応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

子犬と共に

可愛い赤ちゃんの入った袋を咥えて降り立つがごとく・・・

明日、私はコウノトリになります。

そして、じゃんさんの元へと。

では、まずは予行演習。
SC01800.jpg

空港までは、このケージで向かいます。

そして空港では無料レンタルで輸送専用ケージにお引越し。

航空会社では「クレート」と呼んでいますが、一般的なハードキャリーの規格品だと思われます。

原則、1頭に1クレートだそうで、輸送料はFDAがサイズに関わらず1クレート5,000円。

因みにJALは6,000円。

「Sサイズに1頭ずつじゃなくて、Lサイズのクレートに3頭入れて5,000円にして♪」と、電話予約時にお願いしてみましたが・・・

「それは出来ません。1クレートに1頭が原則です」とキッパリ!断られました。

厳しいな、お姉さん。

それはそうと・・・

これじゃちょっと狭いかな。
SC01802.jpg

でも、大人しいや。

空港までの間だから、我慢するんだよ。

一番ガッシリ体型のジロー君。
SC01825.jpg

キミはよく食べたね。

聞き分けの良いミミちゃん。
SC01826.jpg

片耳が立ってきたね。

そして、じゃんさん家行きのキョウコちゃん。
SC01820.jpg

キョウコちゃんは、漢字では狂子ちゃん。。。

負けん気が強いパワフルな子。

じゃんさんの言う事を聞くんだよ。

みんな、初めくらいは・・・
SC01814.jpg

良い子にしてるんだよ~♪




応援ありがとうございます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村