FC2ブログ
 

生きもの二人三脚

チョッシー

どうにも気になる調整池の『チョッシー』
DSC05812.jpg

昨日のブログにも書いたように、その行動と状況が私の知識とは合致せず、正体が何なのか分からなかったのです。
DSC05810.jpg

したがって今日は早めに家を出てジックリと観察し、その種の同定を試みることにしました。

明るい時間にあんな浅瀬で背中を出しているなどと言うことは普通は魚はしません。

出している場合は産卵行動の時が主。

ただしその時はオスがメスを追い回し、バシャバシャとやっています。

それも水草の上で。

そんな場合、種類はコイかフナ。

夜ならばナマズ。

でも夜ではないですし、バシャバシャもしていませんし、水草もそこにはありません。

のんびりウネウネと這うように泳いでいるだけ。

そのうねり具合、つまり体の曲がり方はライギョでもなさそう。
ライギョ

今までに浅瀬でのんびりウネウネしているライギョを見たことがありませんし。

普段は、一日の大半を木の棒のように真っ直ぐになって動かないのです。

背中を出している、そのナゾの生物「チョッシー」の大きさはおよそ80cm。

かなり大きい部類。

いよいよナゾは深まるばかり。

カミツキガメはウネウネできないし・・・   (以下、写真はウィキより)
カミツキガメ

アリゲーター・ガーも普段は木の棒みたいになってるし・・・
アリゲーターガー

ポリプテルスか?・・・いやいや大き過ぎる。
ポリプテルス

ハイギョか?・・・いるわけない。
ハイギョ

デンキウナギか?・・・もっといるわけない。
デンキウナギ

「う~ん、わから~ん!」

「チョッシーはやっぱりチョッシーでしかないのだ!!」

よ~し、かくなる上は最終手段。

「うりゃ!」

チョッシーの近くに石を投げてみます。

「ドッボ~ン!」

「バシャ!」

「ありゃ?」

ビックリして逃げ出すチョッシーの体の一部を確認できました。

チョッシーの正体は・・・・・

「な な なんと!」

大きな野ゴイ。

そして調整池を一周よ~く確認してみると・・・

水門付近以外は殆どが水深15cmくらいしかないのです。

コイが何かの目的を持って浅瀬にいたのではなく・・・

全体が浅くなった池の中で、仕方なく背中を出して移動していただけなのです・・・ウネウネと。

そんなことも分からなかったなんて・・・なんだか恥ずかしい・・・・・

一人で騒ぎながら調整池の周りをグルグル回って、おまけに石を投げ込んでみたりと・・・

きっと散歩中や農家の方たちは、そんな私をヘンなオジサン視していたに違いありません。

彼らからすれば私こそが調整池のナゾの生物。

そう、チョッシーだったのです。

私はガッカリと肩を落としながら職場へと向かうのでした。

あ~、4時半なんかに起きるんじゃなかった。

眠い・・・・・。




スポンサーサイト

通勤途中に思う過去の過ち?

今日の駿河湾はベタ凪の無風で自転車楽々!
DSC05762.jpg

いつもの海岸道を職場に向かって走っていると、ディーゼルエンジン音高らかに私を抜いていくシラス漁船。
DSC05763.jpg

こちらでは3月半ばよりシラス漁が解禁ですが、どうも今年も不漁の様子。
DSC05764.jpg

サクラエビと併せて不漁続き。

猟師さんたちは生活が成り立つんだろうか?と心配してしまいます。

あなたは自分の心配をしていればいいんですよ!と言われてしまいそうですが。。。

海の上では何とかシラスを食卓に届けようと頑張る猟師さんたち。
DSC05766.jpg

これからはもっと大切にシラスを食べようと心に誓うのでした。

そう、一匹一匹数えながら大切に・・・って、それでは美味しくないですよね。

「ガバァ~ッ!」と豪快にご飯と一緒にかき込むのが美味しんですよね、大根おろしも添えて。

いったい一口で何匹のシラスを食べているんだろう?

気になるな・・・今度、数えてみよう。。。



海沿いの道から田園地帯に入ると、まだまだ雪の多い富士山が目の前に。
DSC05770.jpg

ちょっと富士山が霞んでいる・・・・・

スギ花粉が終わって、お次はヒノキか、それとも黄砂かPM2.5か?

なんでもいいや・・・目がカユイな。

さて、その先の調整池に今日はどんな水鳥がいるだろか?

おぉ、ありゃ・・・あれだ。

オオバンだ。
DSC05804.jpg

この辺の池や川には、いつも沢山いる水鳥です。

ところがオオバンは非狩猟鳥類。

鉄砲で撃ったり罠で捕ったりしてはいけません。

でも・・・実は・・・ここだけの話。

私は以前、この水鳥を食べたことがあるんです。

家族と一緒に鍋にして。

食味の方は・・・どうでしょう、かなりコガモに近い感じで美味しかったです。

問題なのは、そのお肉の入手方法。

それが鳥獣保護法に抵触するかどうかは分かりませんが・・・

ただ一つ言えることは・・・食べちゃったのは、もう5年も前のこと。

時効が成立してしまっているのです。勝手に。

あれはこの近くの川に掛かる橋の上での出来事でした。

自転車でせっせと職場に向かっていたところ、その橋の上でトラックが私を抜いて行った時のことです。

川沿いを飛んで来て橋を越えようとした鳥がトラックの角に当たって私の前に落下。

すぐさま自転車から降りてその鳥を確認しました。

それが、この非狩猟鳥類のオオバン。

可哀そうなことに即死でした。

この頃、狩猟を始めるにあたり、参考になるブログは無いものかと探し、あるブログに行き着いていました。

このブログが怪し過ぎた・・・・・

狩猟を趣味とする管理者が、自ら捕らえた「生」あるもは全て食糧としてしまう恐ろしいブログ。

しかし、私はこのブログにどんどん引き込まれ、いつしかその管理者を神と崇めるようになっていったのです。

まさにオオバンはその神が私に与えたもうた試練。

信仰の程度を試されているように思えたのかもしれません。

神の教えの一つに「美味しく食べてあげることが何よりの成仏」との尊いお言葉があり、実践した訳です。

職場でこっそりとオオバンを処理し、お肉は冷蔵庫。

そして早めに家に帰り、オオバン鍋にして家族皆で美味しく頂きました。

最後はもちろん雑炊に。

欲を言えば、もう一羽あった方がより出汁が出て、さらに美味しかったことでしょう。。。

そんなことを思い出しながらフッとオオバンの横の浅瀬を見ると、何やらうごめくモノを発見!
DSC05812.jpg

コイ? ナマズ? ライギョ?・・・分からん。

この手のモノはスグに判別できるのが私の特技だったのですが、分かりません。

しばらく観察していたものの特定には至らず。

会社に遅刻しそうだったため、後ろ髪を引かれる思いでその場を離れます。

う~ん、何だったんだろう。

とりあえず調整池にいたので、そのナゾの生物には「チョッシー」と名付け、また後日調査としました。

そして職場に到着。

今日も真面目に働くぞ~!

そうそう忘れてました、その怪しいブログの名は「食糧捕獲作戦!」

訪問は自己責任で。。。




一日のんびりと

昨日は鉄砲の一斉検査がありました。

年に一回、警察の方に強制的に調べられてしまうのです。

「この人は鉄砲や弾を適切に管理しているのだろうか?」と。

したがって仕事は貴重な有休休暇を使ってお休み。

職場の人たちには申し訳ないなぁと思いつつ、時々確認の電話を職場へと入れてみます。

やっぱり私が職場にいないとスムースに進まないんだろうな~ということは無く、いない方が順調に仕事が進んでいるようなので一安心。

心置きなく警察の方から「面接」と言う名の取り調べを受けることが出来ました。

結果、私のずさんな管理がバレることなく・・・・・ウソウソ、ウソですよ!

「あっきょさんは、ちゃんと管理されていますから問題ありません」と生活安全課の課長さんから太鼓判を押して頂き検査終了。

正午前に家に帰って来ました・・・・・あ~腹減った!

お昼ご飯は「イノシシのスペアリブ」とカッコよく書きたいところですが・・・・・

実際には猟犬たちのエサの中から掘じくり出し、上前をはねて作った「残滓の煮込み」
DSC05760.jpg

自分の浅ましさがイヤになりますが、この味はイヤになりません・・・美味しいな。

ごちそうさま~!
DSC05761.jpg

そして、お昼寝。

さて、午後は何をしよう。

まずはカメの水替えをして・・・・・と、思ったら、おぉっ!

ハラガケガメが卵を産んでいる~!

なんでこの時期に?

このところの異常な気温変化に季節を勘違いしたみたい。

大切に回収し、水苔ベッドに包み込みます。
DSC05757.jpg

無事に孵ってね。

そしてニホンイシガメやクサガメたちの水替えもしてスッキリ!
DSC05759.jpg

と、そこへ息子が帰宅。

よしっ!

「ちょっと手伝って~」と庭に誘い出し・・・・・

「なになに、なに手伝うの?」と嫌がる息子を強制的に裏山まで連れて行きます。

実は裏山に仕掛けてあった箱ワナの位置が動いてしまったため、直したかったのです。

何者かによって動かされてしまったままの箱ワナ。
DSC05753.jpg

どう考えてもイノシシ仕業ではなく、人の手によるもの。

「なんで?」なのです。

「ハイ、そっち持って~」で180度回転!

で、再設置!誰だか知らないけれど、もう動かさないでね。
DSC05754.jpg

罠を後にして、梅の木を見上げると可愛らしい梅の実がたくさん!
DSC05752.jpg

今年は梅酒を作ろうかな。

あともう少しの辛抱。

さぁ、帰ろうか。




シカよ山からは出さんぞ!

液晶テレビの後に、危うく事故続きになるところでした。

これだから民家が隣接する山での有害鳥獣捕獲は考えてしまうのです。

通常の猟とは異なる配慮や注意が必要となり、気を揉むばかり。

役場からの要請がある以上は仕方ないのですが、その辺は捕獲員の腕?の見せどころなのでしょう。

タツの張り方(射手の配置)や射撃のレベルアップ、猟犬の入れ方等、様々な事故防止に向けての意識を高める必要があります。



さて、日曜日はハイカーさんが多い山での捕獲業務。
DSC05677.jpg

もちろん、その方々への配慮と注意は怠りません。

朝の打ち合わせを済ませ、それぞれの配置場所へと向かいます。

勢子役の私は、配置完了の無線が入るまで、コーシンとカノと待機。
DSC05676.jpg

暫くして無線から「タツ配置OK、犬放して」と隊長。

「了解、犬放すよ」で猟がスタート。

コーシンとカノのリードを外します。

2頭は足並みを揃えて捜索開始。

すると程なくして尾根上に向かって2頭が猛ダッシュ・・・・・で、激しく鳴き出します。

「鳴き出したぞ」と静かに無線を飛ばし、GPSの猟犬たちの動きを見ると、獲物は凄いスピードで逃走している様子。

すかさず「起きたぞ(獲物が動き出した)」とまた無線。

逃げ方やそのコースからして獲物はシカであると判断し、その方面のタツに注意を促します。

コーシンとカノが猛スピードで獲物を追っている様子をGPSの画面で確認していると・・・・・

あれ?タツ配置の場所をそのまま通り抜けて行くではあ~りませんか!

山々に木霊する銃声と「止めたよ!」との無線を期待していたのに・・・なんにもナシ。

すると無線から叱責の声が。

「おいっ、なんで鳴らさ(撃た)なかったんだ!」と。

締めタツ(一番外側のタツ)の一人が、撃たなかったタツに怒っているのです。

後で聴いてみて分かったのですが、ボォ~ッとしていて真横をシカに抜けれたそう w( ̄o ̄)w

もう、Uさ~ん・・・・・。

仕出かしたところを隣のタツに見られちゃったんですね。

GPSを見ると、コーシンとカノは仲良く1km以上私から離れてしまい、私は寂しく一人旅。
DSC05679.jpg

山椒の花が可憐だな。

「たぶん、カノはすぐに戻って来るからタツはちょっと待っててよ!」と私は無線を飛ばし、勢子声を張り上げ進みながら猟犬たちを待ちます。

すると、やはりカノだけが、こちらへ戻って来ている様子のGPS。

勢子声と呼び声に反応し、ズンズン近寄って来ます。

そして「シカは無理!速すぎる!」と言わんばかりに私の元へ帰還。
DSC05680.jpg

なんでも有りのコーシン姉さんは放っておいて・・・

さぁ、もう一度やり直し!

イノシシ好きのカノと共に今度はイノシシの寝場に進行。

はい、矢印の方向ね・・・・・沼津アルプス?
DSC05697.jpg

スグにカノは何かを気取ったようで・・・・・
DSC05723.jpg

走り出し、鳴き出し、獲物が起きます。

カノの追い鳴きが遠ざかる中・・・

タツに無線を飛ばします。

しばらくすると銃声が間を空けて2発。

「イノシシ止めたよ!」との無線が二人より入ります。

あ~今度は良かった。

仕留めた現場に向かいながらGPSを確認すると、コーシンは近くまで戻って来ています。

その距離80m。

しかし、私が呼び声を掛けるものの、それを無視。

尾根の逆側へ走って行ってしまいました。

あれま?・・・・・もしや・・・・・

そして次の瞬間、お得意の強烈鳴き!

「ワァワァワァワァワァワァ~ン!」

その声に反応したカノ。

イノシシの止め現場よりスッ飛んで来て、私の前を横切り、コーシンの方へ走り去ります。

私は付近のタツに向けて「気を付けろ!」と無線。

その直後に「バァ、バァ~ン!」と銃声。

と、同時に「中ったと思うんだけど行っちゃった!オスジカだ!」と、捌き師匠のKさんの無線。

コーシンとカノの激しい鳴き声はどんどん山の下の方へと下がっていきます。

「ま、まずい!」

シカは猟犬に過度に追われると、開けたところに逃げる習性があるのです。

山から出た先には集落や交通量の多い道路が。

山中をズッコケて泥だらけになりながらも駆け下りる一人『ファイト~!イッパ~ツ!』の私。

鳴き止め現場に着くと猟犬たちとオスジカが壮絶バトル中。

オスジカの反撃も激しく、角で猟犬たちを突き刺さんがごとく突進を繰り返しています。

落石止めの壁が、シカの民家への侵入を防いでくれていたのが何よりでした。

しかし、私の後ろ5mのところはその壁の切れ目。

通す訳にはいきません。

先頭で果敢にアタックするコーシンが邪魔。

おまけに民家からは見学しているご夫婦が。

撃ち難いたらありゃしません。

私はご夫婦に向かって「ちょっと失礼します!撃ちますんで耳を塞いで下さい!」と告げ・・・

「御免」

「どうもすいません、お騒がせしました!」となったのです。
DSC05732.jpg

この日の捕獲業務を終え、獲物が冷えるまで、一日の反省会。
DSC05659.jpg

やっぱり、Uさんが隊長である猟友会会長よりお叱りを受けました。

「もっと集中していないとダメ!」

「は~い!ごめんなさい」と、素直なUさん。

ほのぼのとした光景に小学生の頃を思い出します。。。

そして奪った命は隅々まで有効に利用させて頂きました。
DSC05745.jpg

また暫くは、山に向かって手を合わせる日々が続くことになります。

DSC05657 (2)

コーシンもカノもお疲れさん。




ジコジコの家庭内事故

前々回のブログで「🎵ヤメテケ~レ ゲバゲバ」なんて呑気なことを言ったからかなぁ・・・

私は大変なことをしてしまいました。

烈火のごとく怒る家内。

私は只々頭を下げるばかり。

まさに「助けて~!」と、歌のように叫びたい心境なのであります。

それは昨晩の出来事でした。

リビングで私が息子に柔道の組み手を教えていた時のこと。

息子の袖を持ち「いいか、こうだぞ」と力を入れたところ、私が「ツル!」っとフローリングの上で滑ってしまったのです。

「おっとっと・・・」となって壁に手をついたところ「グシャ!」

「あれ?感触がヘン?」と思って見てみると・・・・・

「キェ~ッ!!」
DSC05648.jpg

手をついたハズの壁が、いつの間にか液晶テレビの画面にすり替わっていたのです。。。

テレビの上部は凹み画面はヒビだらけ。

「大丈夫 大丈夫!」と電源を入れてみると、目の前に広がるアーティスティックな空間。
DSC05650.jpg

この偶然が織りなす美の世界に時を忘れたくなります (-_-;)

その様子を呆然と見ている家内。

私たちは、お叱りを受けてしまったわけです。

当たり前です。

息子は「テスト勉強してくる~🎵」と、2階に逃げちゃうし。

ホント、液晶テレビって壊れやすいですよね ヽ(´∀`)ノ

そして今日・・・

仕方なく、近所のいつもお世話になっている電気屋さんに行って、この顛末を説明しました。
DSC05651.jpg

壊してしまったテレビは、この電気屋さんで購入したため、なんとか救済策は無いものか?伺ってみます。

まずは修理代・・・・・6万円くらいは掛かると・・・却下。

次に、家内は怒って「もうテレビは買わん!」と言っているので、新品は無理だから中古でも・・・・・の旨を伝えると・・・

「あっきょさんのテレビは、まだ3年しか経ってないですもんね、分かりました探してみます」とのご返事。

私の心中を察してくれています。

ついでに私を慰めるためか?電気屋さんは私に、あるお客さんの話をして下さいました。

それは、ご高齢のお婆ちゃんの話。

そのお婆ちゃんが演歌番組を見ていた時のことだそうです。

あまりの出来事に驚いてしまったお婆ちゃんは、とっさにホウキで液晶テレビの画面を叩いてしまったのだとか。

当然、画面はヒビヒビに。

そのお婆ちゃんが驚いてしまった理由に更に驚くこととなった電気屋さん。

「あのね、お婆ちゃんはこう言ったんですよ」とニヤニヤ。

「耳を疑っちゃいました」と、じらす電気屋さん。

「お婆ちゃんが言うにはね、テレビの画面から『氷川きよし』が飛び出して来たって言うんですよ」と笑いをこらえながら。

「えっ?3Dだったの?」  「な、わけないじゃない」と、二人で大笑い。

「それで、慌ててホウキで氷川きよしを撃退したわけですね」と、涙目でお腹の痛い私。

ミッションをコンプリートしたお婆ちゃんもアーティスティックな世界に誘われたことでしょう。

電気屋さんを後にして自分の失態などスッカリ忘れて家に帰り、家内に報告。

その報告を受けて、やっと笑顔になったと思いきや「あなたの小遣いで払いなさい」と真顔に戻る家内。

やっぱり「助けて~!」なのです。

早く電気屋さんから連絡が来ないかな?

「イイのがありましたよ~、お代はサービスです!」って。

甘いかな。


追記) 

なんと!このブログを書き込んでいる最中に電気屋さんから電話がありました。
電気屋さんに伺ってから3時間後の迅速対応!
「古いけど、これなら差し上げますよ」とのこと!
スグに電気屋さんに行き現物確認。
そして「ありがとうございます!いただきます!」と契約成立!?
太っ腹な私は、壊れたテレビのリサイクル料と併せてお札を一枚ポン!
「おつりはいいですよ!」っと五千円札を渡してきました。
因みにリサイクル料は4000円。。。
町の電気屋さん!\(^o^)/なのです。
DSC05652.jpg
レトロチック!
でも、バッチリ映りましたよ!